サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

北陸・甲信越エリアのスポーツ団体が書いたブログ一覧

当日の流れについてお知らせいたします。

①W-UPについて
会場周辺はできる場所が限られていますので、自チームでキャッチボールまでをしてきて下さい。

②入退場について
お知らせしたとおり、一塁側チームは正面玄関ではなく一塁側後方のフェンスから入場とします。
三塁側チームは入場は正面玄関から通路を通っての入場とします。
退場については、試合終了後すぐにベンチを空けて下さい。大会本部でベンチの消毒を行います。
三塁側チームの退場は一塁側後方フェンスですのでお間違えないようにしてください。
消毒終了後にベンチ入りを可としますので、それまで次チームは外野芝生において待機、或いはノックなどをしてお待ち下さい。

③審判、B.B、得点係へのお願い
各試合の審判割振りはしてありましたが、各チームでもう一名のB.B、得点係を選出し計3名をお願いします。
対応が難しい場合等は事務局まで連絡願います。
また、審判等につきましてはマスク着用をお願いいたします。

④オーダー用紙の提出
開始30分前までに大会本部に提出をお願いします。先に提出したチームを「1」後に提出したチームを「2」とし、先攻、後攻をコイントスで決定します。(主将を呼んでジャンケンはしません)

⑤試合前、終了後について
観覧席での観戦はチームでまとまることは構いませんが、他チームとふざけ合う..

E-Rex杯の実施について 【第2報】

梅雨前線の影響により、全国各地において豪雨災害が発生しており、週末に迫ったE-Rex杯についても開催が危ぶまれております。

当日は6:30に実施判定を行なう予定です。
チーム関係者には直接連絡を入れますが、学童LINEグループに「速報」という形で掲載を予定しています。

4試合行なうことが難しい場合は残念ですが大会は中止とさせていただきます。

グラウンド状況と天気予報とのせめぎあいのため、例えばこんな場合も出てきます。

①午後から天候が回復するが、グラウンドは水浸し
→ 1回戦の4試合ができないため、大会は中止とする。

②第2試合まで実施したが、第4試合が降雨のため中止
→ 1回戦の4試合ができないため、大会は中止とする。

③水取りのため開始時間が遅延した
→ タイムスケジュール上、4試合が行えるように試合時間の短縮等で調整する。
→ その場合、各チームに連絡するとともに、学童LINEグループで速報する。

④試合途中のスコール(降雨)
→ 大会本部の決定に従い、一時ベンチに待機とする。
その後の気象状況、グラウンド状況を考慮し大会本部が続行可否を決定する。

⑤笹山球場のグラウンド状況☓、他会場で実施可能である場合
→ 昨年度も河川敷が使用不可状態でしたが、西小学校Gが実施可能であったため、ご厚意により使わせていただきました。

E-Rexはメンツにはこだわります(..

JSBB 感染予防対策ガイドライン
令和 2 年 6 月 4 日現在
公益財団法人全日本軟式野球連盟
1、【はじめに】
特定警戒都道府県以外の都道府県においての自粛解除に伴い、各都道府県の方針に従うことを前提に、感染予防対策に配慮しながら小規模活動から再開して頂きますようお願い致します。なお、開催や実施の判断に迷われた際は、開催地や施設が所在する都道府県のスポーツ主管課や衛生部局等へのご相談をお願いします。
活動再開によって感染拡大させないことは勿論のこと、無症状であっても他人に感染させうることがあることを、日々の活動や試合に関わる全ての人が認識しておいてください。また、活動再開によって医療資源や医療従事者への負担等の問題があってはならないことを意識して活動や試合を計画してください。
なお、本ガイドラインは、現段階で得られている知見等に基づき作成しています。今後の知見集積及び各地域の感染状況を踏まえて、見直すことがあります。
2、【活動人数や都道府県間の移動について】
活動人数の上限については、政府の基本的対処方針に従い各都道府県知事において段階的に緩和することとされているため、逐次確認をお願いします。現段階では、以下の表を目安としてください。
6 月 18 日まで 屋内(100 人以下、収容定
員半分程度以..

【十日町あんしんメール】
(配信 5月15日21時00分)

 5月14日、政府は東京都等を除く39県の緊急事態宣言を解除し、外出自粛は求めないことを明言しました。
 しかし、これまでの努力を無駄にしないために、引き続き県境をまたぐ移動の自粛と、「少しずつ段階的に日常の暮らしを取り戻していくこと」、「前向きな変化を続けてほしいこと」、「日常のあらゆる場面でウイルスへの警戒を怠らないでほしいこと」という3つのお願いがありました。

 国の緊急事態宣言の解除を受けて、県では5月15日に花角知事と市町村長との意見交換を行い、県の専門家会議を経て、全ての施設に係る休業要請が解除されました。
 一方で、県をまたいだ不要不急の移動については、国内の緊急事態宣言が全て解除されるまでは、引き続き、厳に控えるべきとの判断がなされました。

 このことを踏まえ、市では、感染拡大防止対策を徹底した上で、段階的に公共施設や観光施設等の利用を再開することとしました。

■利用を再開する公共施設及び観光施設等
1【5月18日(月)~】情報館(【十日町市民・津南町民限定】閲覧席の開放)他33施設

2【5月21日(木)~】千手温泉千年の湯(【県民限定】サウナ・仮眠室除く)他30施設

3【5月23日(土)~】清津峡渓谷トンネル(【県民限定】通常開館)他10施設

4【6月1日(..