サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他(海外)のスポーツ団体が書いた2020年7月のブログ一覧

7月19日 月例会

日本では各地で豪雨となり、多くの被害が出ているとニュースで拝見しました。こちらも内陸ではやはり大雨での被害が出て、三峡ダムが崩壊するのではと大きな話題になっております。新型コロナに始まり、2020年は我々人類にとって試練の年になってしまいました。

ここ広州は先月中旬には早々と梅雨明けし、連日35℃を超える暑い日が続いています。我々のクラブ活動も新型コロナの影響で、未だ日本から広州に戻って来られないメンバーもいて、1月以降月例会の開催を見合わせておりました。しかし最近強力な2名の新メンバーの加入もあり、いよいよ今月から月例会を再開を決定しました。

普段から相撞きしている仲間とは言え、試合ともなれば真剣味が増し、緊張感が全然違います。試合への慣れもあるのでしょうが、このボールを入れなければという場面では手足が震え、更にはキューが出なくなる(振り切れない)ことが多々あります。社会人になってから、このような緊張感を味わえることは滅多に無いのではと思います。

さて試合の方は、ドローショット(引き球)の名人で初参加の「ドローKg」さんが、最終戦で文句の無い内容でSg名人をねじ伏せました。Sg名人に勝つためのお手本の様な見事な試合運びでした。私にはレベルが高過ぎてなかなか参考にはなりませんが、目にはしっかりと焼き付けておきました。
それでもセット数の..

再開します

1月以来、半年間開催を見合わせていた月例会ですが、今月から再開することになりました。まだ日本にいるメンバーが参加出来ないのは大変残念ですが、彼らが戻って来るまでの間、こちらでクラブを盛り上げておきたいと思います。

ここで新しく加入いただいたメンバー、Kgさんを紹介します。コロナの影響で広州への赴任時期が暫く延期となっていたそうですが、一緒に赴任する同僚達と上海で2週間の隔離生活を経て、先日広州入りしたばかりです。船便で送ったこちらでの生活用品はまだ広州に届いていないそうですが、マイキューは手荷物で持参されたという強者です。
色々と勉強させてもらいますよ

日本でこのHPをチェックされていたそうで、上海から広州赴任後にすぐに参加したいとの連絡をいただきました。本当に有難いです。

Kgさんの技術面はもちろんのこと、ビリヤードに対する真摯な姿勢も学ばなければならないと本気で思いました。一球一球に手を抜かず、集中して球撞きをしています。彼のレベルからすれば当たり前のことなのでしょうが、それが出来ていない自分と、それが自分のレベルアップに繋がらない理由の一つだろうと痛感しました。

KgさんはSg名人に続く、月例会初参加初優勝の可能性が充分にあります。先日入会されたKjさんも、月例会に初参加となりますが、同じくチャンスがありますよ。週末が楽しみです。

自作キューケース!

キューのタップを自分で交換する人は結構多いと思いますが、キューの革グリップを自分で巻いたりする人はあまりいないと思います。そんな細かな作業が大好きで、最近自称「革職人」として、友人に自作の財布やバッグなどをプレゼントしているというMz教授が、今度は何とキューケースを自作してしまいました。

革や材料を購入したと、本人から途中経過は聞いてはおりましたが、いざ実物を見てびっくりです。
素晴らしい出来栄えです

ミシンなど専用の機械は一切使わず、全て手縫いというからまたまた驚きです。ポケットの形状や配置は、今まで使ってきた数々のキューケースの長所や短所を網羅されております。本当に良く考えて設計されています。

先週遂に、ずっと内緒にしていたメンバーたちにお披露目となりましたが、最初は全員自作のキューケースとは信じていませんでした。使用している革やファスナーなどの金具類も、惜しみなく一級品を使って仕上げております。これを実際に購入したら、うん十万円はくだらないだろうと思います。

本人は作っている時は本当に楽しかったけど、次の目標が無くなって、今は白い灰になったと言っております。そう言いつつ、私の独自の調査では、次もまた何かハンドメイドの物に取り掛かっている模様。次はいったい何を披露してくれるのか、今から楽しみです。最終目標はやはり自作のキ..