サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

北陸・甲信越エリアの音楽団体が書いたブログ一覧

今年の初レッスン

「あけましておめでとうございます!」と、言うには遅すぎやけど、MMVにとっては、今年初めてのレッスン。

福井県嶺北地方に大雪が降り、レッスン日にメイさんが自宅から出られなくなったのは、これで2回目・・・。
同じ福井県内で、これほど気象状況が違うのかと、わかっちゃいるけど、びっくりする。
びっくりするし、大雪で困っている方々には毎回申し訳ないと思いつつも、私は雪が大好き♡
好きな言葉は、「果報は寝て待て」「西高東低」
スキーヤーどいちんです。

この日、珍しく1日仕事を休んだので、いつものジャージに髪の毛1つくくりではなく、普段着に髪を下ろしていったのですが、駐車場から一緒になったみえちゃんに「どいちゃん、そんな頭やったっけ?」と言われたことから始まった、髪質に関する会話の中で・・・。

ど「私、7.8割白髪やねぇ」
み「え~?そうなん?どいちゃんめっちゃ黒いイメージやったけど。」
ど「うん。シルバーヘア、かっこいいしやろと思うんやけど、まだちょっと下の子かわいそうかなって。」
み「そうやんな・・・。70歳くらいになったらでええかな。どいちゃんが、シルバーにしたら、私も目安にするわ。」

ズキューン!!!Σ( ̄□ ̄|||)
み・み・み・み・みえちゃん!!!
今!サラッと言うてのけたけど、70歳になっても私と仲良くしてくれるってことやんな❤
な..

2020年最後のレッスン

まいどさんですー!
今回のブログ担当となりました、とみーです。

あっという間の12月、2020年最後のレッスンでした。
今年はコロナウイルス感染の影響でレッスン中止を余儀なくされ、一時はどうなることかと思いましたが、今月も換気とソーシャルディスタンスの確保と消毒、マウスシールド使用などで感染予防を徹底し、開催することができました。

そして今月のレッスンは、講師メイさんが毎年主催されてらっしゃる「クリスマスオムニバスコンサート」へのリモート出演用の撮影本番日ということで、全員上は白色、下は青色に衣装を統一し、我がチームのトレードマークのストール、サンタ帽を身につけて撮影に挑みました。

まずは全員の顔が映るように、立ち位置の調整から。マーキング用の養生テープを手に、右へ左へ前へ後ろへとメイさんの指示の元、一人一人がちょこちょこ動いてはテープを床に貼る。という作業。
ようやく全員の立ち位置が決まり撮影開始!!
「全体的に音が低くなっていく」という私たちの悪いクセが出てしまい、何度か練習も挟みながら撮影は順調に進んでいきます。そんな中、メイさんから「立ち位置の前後を逆転させて撮影しよう!」という提案が…。
とみーは背が高いので一番後ろで「あんまり大きく映らないからラッキー!!」って思っていたのに一番前とな( ̄д ̄;)
それまで気楽に歌ってたの..

11月レッスン(ポテンシャルを極める!)

こんにちは!
11月6日 今日もいい天気。
レッスンブログ担当 ゆかりんです。

11月に入りましたが毎日それほど寒くなく
気持ちのいい秋ですね。
昨日は雲のない青空で有明の月、残月がきれいに見えました。コロナ禍での私のささやかな癒しです。
そして今日11月6日は越前がに漁解禁の日。

コロナ禍でのレッスン要領も
少しずつ慣れてきて
検温、口元ガード、密を避けながらのレッスン。
まずは
声のキャッチボールについて。
相手にどう声を飛ばすのか、この意識大切。
自分たちの声を俯瞰して見ること。
空間を認識してドローンで自分たちをみるように。
実際に一番隅にいた私とmちゃんが
メイ先生と、やっほー、こんにちはー、のキャッチボールを。
意識するって大事。無意識とは全く違います。

その意識を確認した上での
本日のレッスンはこの2曲↓

⚫︎you are good
⚫︎make us one

・you are good
みんなの声がまとまるように、ジャンプしながら練習。
身体を使うとピタっと声がまとまるのですね。
意識するとはこういうことか、と実感しました。
この曲、一曲通したら 息切れするほどであります。
曲のエナジーという言葉をメイさん発せられましたが、確かにこの曲のエナジーすごい。
曲からエナジーをもらって、聴いてくださる皆様に炸裂できるように(←いい意味で)できるといいな、と思..

2020/10レッスン(はすっぱ感!)

みなさんこんばんは
10月レッスンブログを担当いたしますウタコでございます。
なんか順番回ってくるの早くないか…?こないだ書いたばっかりやないの…?と思って調べてみたら5月のZoom飲み会のこと書いたっぽい。
もう5ヶ月も経ってるのか…今年は時間の進みがへんちくりんですね。

さておき、レッスン!今回もソーシャルディスタンス保ち、口元ガードを着用し、withコロナなレッスン。
「耳を鍛える特訓」というコンセプトも3回目。
最初はからっきし無理でわけわかんなくてはいはいお手上げって感じだったけど、メイさんの指導とマメメン(マーメイドボイスメンバーの略称、はじめて使ったもう使わない)のやる気と情熱とで盛り上がり、徐々に「耳力」が鍛えられていってる感あって楽しい。耳トレ!


今回もお馴染みのナンバー

jesus,what a wonderful child
make us one
you are good

を中心にレッスン。
ただ音符を追うだけではなく、歌詞を発するだけでなく、
意味とか抑揚とかパッションとかを組み込みつつ、ほかのパートの音を聴き、ハーモニーを聴く。

毎回レッスンの時にメイさん語録が大爆発して笑いとツッコミがとまらんのだけど、今回のキラーワードは「はすっぱ感」

辞書を引いてみた。


はすっぱ
【蓮っ葉】

《名・ダナ》女の態度や行いが軽はずみで下品なこと。浮気で品行のよくない..

9月レッスン(耳を鍛える特訓)

どーも!今回のブログ担当、カヨです!

コロナ禍となり数か月、
三蜜を避け、どこに行くにもアルコール消毒にマスク。
『本日のコロナ感染者は~』のニュースにも違和感を感じなくなりました。
生活の多くの場面がコロナによって制限されたり、
様々な基準が生まれました。


そんな中、
7月にやっと再開してもらえたレッスンにも、8月レッスンにも参加が叶わず、
やっと、9月の今回『耳を鍛える特訓』第2回、に参加できて、
そして歌ってみて、
mmvにも、新しいステージがやってきたことを感じました!

今回のレッスンで歌ったのは、
Jesus what a wonderful child
Make us one
You are good
この三曲!

どの曲も、今までのレッスンやイベントで何度も歌っていましたが、
歌っても歌っても、色んな課題が出て、
過去、出来てたであろうことも、おぼつかなくなるものですが…。

それに加え、
いざ、人生初の透明マスクで歌ってみると、最初が難しかった!

自分の声がマスクに跳ね返って、ダイレクトに耳に入ってくるからか、
まあ、うるさい!自分の声しか聞こえないし、久しぶりの発声で、
いつもに増して不確かで不安定な音程がもどかしい。

途中、口を大きく開けるたびに、透明マスクに下唇がくっついてしまう事態に意識が持っていかれて、
え?そんなに私、下唇、いかりやになっ..