サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

音楽団体が書いた2018年9月のブログ一覧

2018年9月29日の練習 個人練習

Nです。
今日は、2人でした。

Saさんが腱鞘炎で楽器演奏が出来なく雑談を2時間程してしまいました。

楽器を始めた時は、たいがいの方が音が鳴らないので息を沢山使い大きな音を鳴らす。
トランペットもサックスも同じで・・・
勢いで吹いていると何年練習しても楽器本来の音が鳴らない事。
ある程度音が鳴ったら
息を限りなく少なくリードが反応する練習、
トランペットも唇が振動する事の練習、
普段からピッチの傾向を知ること・・・チューナーの使い方、
音が f , p のエチュード、練習曲を
また、一番大切なのは、pppの音、3段階を意識する事。
この事を踏まえて
リードが反応する意識、息を通すだけで音がなる事
トランペットでは、唇が振動する感覚に気づく事
pppの練習、タンギングをしない息を最小限の息で、この振動するを会得する事が
大切な鍛錬と感じている事を説明をしました。

トランペットは、音程の悪い楽器なのでなおさら
30cent音程がずれていて気にならない人は、人の演奏を聞かない、
余裕がないので聞かないのか、上達の障害の一因と感じています。

皆様、
pppの練習をしていますか?・・・自問しませんか?
リードが反応する、唇が反応する・・・自覚する練習をpppでしていますか?

なので
息を使う楽器は、全て練習が共通していると思..

9/28 振替レッスンについて

お久しぶりです。
辞めていません(笑)、ちみちゃんです。

町で会う人会う人に、「辞めたん?」と声をかけられること数か月。
やっとレッスンに参加が出来ました。しかも本来なら仕事だったのが直前キャンセルになり参加できるという奇跡。そして今回あらためて、レッスンに参加できる日は参加せねば、いつ参加できるかわからず(仕事のみならず体の老化現象等も含む笑)、そして自分が思っているよりもずいぶんと早く浦島太郎化してしまうという事実を目の当たりにする。ちょっとくらい他を犠牲にしても参加すべしマーメードボイス!!!

もちろん、思っている以上にわからない、歌えない、踊れないの地獄にどっぷり入るも這い出そうというする事一時間半はあっという間に過ぎていく。

いやぁ~!だからって楽しいですよ!歌が!踊りが!メイさんが!そしてみんなとのレッスンが!仲間っていいよねぇ~、と心の中で何度も頷くのでありました。相変わらずの自己完結(笑)

はい、では本日のレッスン、振り返っていきましょう。
(あくまでちみ目線ですので、悪しからず・・・)

①Ain’t No Mountain High Enough
ずらあぁっとソロのメンバーが揃いまして、なんかかっこよくなってる~!
ソロの皆さん、素晴らしい!!
楽譜は手放せず、でしたが、振り付けもしながら頑張って歌いました。

最後のパート、..