サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

静岡県の文化&ボランティア団体が書いたブログ一覧

平成27年度活動内容報告書

4/14 事業所見学会 A型事業所 チェンジ見学 9名
4/21 理事会&座談会 今泉MC 話合い 7名
5/11 事業所見学打ち合わせ A型事業所 みちしる見学  5名
5/12 会社見学打ち合わせ 旭化成アビリティー 見学と打ち合わせ 5名
5/12 事業所見学会 生活介護・就労移行支援事業所 笑居笑居見学 17名
5/19 総会 今泉MC (委任7名) 9名
5/24 チャリティーマラソン参加 沼津ISF主催 走者5名(子供1チーム)15名
5/25 施設見学会 くすのき学園見学  24名
6/16 座談会 今泉MC 7名
6/20 わくわく体験団(科学実験) 今泉MC(大人13名子供17名)      静岡ガスさんによる液体窒素科学実験 30名
6/30 第二回就労懇談会(共催)(フィランセ)旭化成アビリティ・くすのき学園・みちしる・サンライズ・ISF 30名
7/1 市役所研修の団体協力 市役所8階 聞き取り調査 5名
7/13 会社見学会 旭化成アビリティー 見学  11名
7/17 座談会 議員連合との会合 今泉MC 就労についての聞き取り・話し合い 11名
7/21 市役所研修の団体協力 市役所8階 聞き取り調査・話し合い 5名
7/23 施設見学会 富士見学園見学会  13名
7/29 事業所見学会 アイエスエフネットライフ沼津見学会  16名
7/30 わくわく体験団(DIY体験) 今泉MC 木工椅子づくり          市役所職員のボランティア5名参加(研修)29名
8/20 わくわく体験団(バス..

わくわく体験団お別れバス旅行

今年度もわくわく体験団お別れバス旅行の季節となりました。
今回の行き先は小田原です。
お天気はイマイチでしたがバスの中は元気いっぱいでした!
さっそく新東名の駿河沼津サービスエリアでお買い物を楽しむママ達、そしてバスの中では恒例のビンゴ大会で盛り上がりました。
なぜか今回、大人げなく私が一番にビンゴしてしまいました!
数年前はビンゴの意味が分からず楽しめなかった我が子も、回数を重ねるうちにビンゴのやり方を理解したようで、外の景色を眺めながらもビンゴで読み上げられる数字を気にしていました。こんな成長も嬉しいですね~。
さてさて、バスは最初の目的地 生命の地球博物館に到着しました。
こちらで展示物を見学し、お部屋をお借りして昼食休憩もとりました。
その後、再びバスに乗り国立印刷局に向かいました。
こちらはお札を印刷している会社です!
普段何気なく使っているお札がどうやって作られているのか、大人も子供も興味深々でした。まずはスライドショーで分かりやすくお勉強し、そのあと工場内を見学しました。お札には偽造されないためのアイデアがたーくさん詰まっている事が分かりました。これからはお札を手にする度に今日の事を思い出すでしょうね!
今年度も無事、わくわく体験団全プログラムが終了しました。
様々な体験をする中で、それぞれの記憶に残り、それぞれのペ..

わくわく体験団クッキング

明日はバレンタインデーと言う事で、わくわく体験団のクッキングはガトーショコラ作りでした(^^♪
本格的なお菓子作りなんて出来るのか心配しましたが、レシピを見たら工程は少なく、案外簡単にできそうで安心しました。
卵を卵黄と卵白に分けたり、卵白を泡立てたり...その子なりに出来る事を体験しました。難しい所は親子で一緒に作りました。
うちの子の出番は主に混ぜる事でした。
大きいボールを使ったので、こぼれる事もなくひたすら混ぜてくれました。
調理室はチョコレートの良い匂い!
オーブンで焼ける匂いもたまりません~。
今回は3組づつローテーション形式で、作る部屋、焼けるのを待つ部屋、焼けたのを冷ましてラッピングする部屋に移動しながら行ったため、少人数で落ち着いて作る事ができて導線もスムーズだったように思えます。
焼き上がりはふんわり膨らんで、表面がざっくり割れるのは上手にできた証拠だそうです。今すぐにでも食べたい!と参加したママも言っていましたが、このガトーショコラ、1日置いた方がより美味しいと説明を受け、ぐっとこらえて子供とラッピングを楽しみました。
あま~い匂いの中、親子で愛情たっぷりのクッキングはどの家族も自然と笑顔がこぼれていました。このガトーショコラを受け取った方も笑顔になりますね!きっと。ハッピーバレンタインデー!


第3回就労懇談会

今年度の第3回就労懇談会がフィランセ福祉学習室にて行われました。
(ユニバーサル就労を拡げる親の会主催、富士ぶどうの会共催)
㈱エンチョー、まつぼっくり、ふじあざみ、㈱アイエスエフネットライフ静岡沼津事業所の方がいらして下さり、各企業、事業所の特色や作業内容、就労時間、実際にどんな障害の方が働いているのか等、詳しい話を聞く事ができました。お話しを聞く側の参加者は28名で、質疑応答の際には次々と手が挙がりました。
各事業所での利用者さんのトラブル時の対応方法や、障害者が年金と工賃で暮らしていけるのか、事業所が障害者でもできる仕事をどうやって見つけてくるのか...等、普段疑問に思っていても誰に聞いていいか分からない様な質問まで丁寧に答えて下さり、たくさんの知識を得る事ができたと思います。
私が印象に残ったのは、働く事で社会と繋がっているという言葉です。どの事業所の方も障害者の気持ちを一生懸命理解しようとしてくれていて、1人1人に合った仕事のやり方を見つけようと努力して下さっているその気持ちが、障害児を持つ親としてありがたかったですし、希望が持てました。
子供の分も親がたくさん勉強して、選択肢を広げてあげたいと思いました。
たくさんの、為になるお話をありがとうございました。