サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

その他エリアの文化&ボランティア団体が書いた2018年7月のブログ一覧


(神歌)

うや(宇他)に〜

うや(宇他)ーち(地)〜

※「宇他」とは、宇宙から頂いた自分の魂の繋がりの人たちのことであり、「うやち(宇他地)」とは、自分が住み育った全ての土地のこと。

この世にあるもの囚われると〜

思いはせたまえて届くなら〜

この世の修羅場は生きていけぬ〜

哀れ哀れと思いきや〜

この世、幸あり大きな海の中のよう〜

荒れ狂う渦の中から浮き上がる魚たち〜

迷いさまよい歩く道〜

生き様、帰りの道問いて〜

帰りの道を踏み外し〜

行く道迷った者ならば〜

戻り戻りて産みの親〜

親の地まで戻りょうか~

忘りょうか~、忘りょうか~、親の恩~~

忘りょうか~、忘りょうか~、親の恩~~


(神言葉)

返しがたきは、親に受けた恩でございまする。

命の種を頂きながら、十月十日腹の中で育てて下さり、乳飲み子を見捨てる事なく、乳を与え、その守りし環境を作りながら、腹が立つ事、怒る事、苦しみ戦い、葛藤し、今を生きる力を身に付けた、その「親の恩」を返さぬならば、この世に生きる事、恥でございまする。

誰もが、誰しもが、今、この世に生きている方々すべてが誰かの子でございましょう。

ならば、その親にまた、その親を産んで下さった祖父母、祖父母を産んで下さった曾祖父母たち、その命を繋いで下さったすべてのご先祖の..