サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

東海エリアのその他団体が書いたブログ一覧

COVID-19感染症の影響で大府市の公民館の休館が3月15日→3月31日まで延長になってしまい、お陰で本クラブの3月の活動はお休みせざるをえない状態で、とても残念です。

感染拡大はできるだけ防ぐことに越したことはありませんが、今回の感染症は通常の風邪/インフルエンザに対して特段に危険ということはなく、今まで多少の風邪の流行くらいで公民館が休館になることがなかったことを考えると、今回の対応は過剰だと、クラブ代表は考えています。

将棋とは直接、関係のないことではありますが、余りにも騒ぎが過ぎて迷惑を感じるため、ここにポイントをまとめてみます。

1. 高齢者や基礎疾患を有する方では重症化するリスクが高いと考えられている点
…厚生労働省の説明では、まったくおなじことがインフルエンザのQ&Aで説明されています。したがって、これはCOVID-19の特徴とはいえません。
Q&AのQ11
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html

2.感染者数、死亡者数の比較
厚生労働省によれば、インフルエンザで毎年亡くなる方は214~1818人の程度います。感染者は1000万人規模です。
Q&AのQ10
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html
これに比べ、COVID-19の死亡者数は3月11日時点で死亡者12人・患者数503人です。

3.明確な治療方法が確立していない点
通..

COVID-19ウイルス感染症(いわゆる新型コロナウイルス)に関する騒動の影響で、大府市の公民館も当面(いまのところ3月15日まで)休館になってしまうなど、本会の活動に影響がでています。
https://www.city.obu.aichi.jp/1013328/index.html

そのような中ですが、しだいに感染症の実態も判明しつつあります。感染防止のため初動対応として安全を優先した対応をとるのは仕方ありませんが、現時点の状況を総合すると今回の件に関しては通常の風邪/インフルエンザと同程度の対応にとどめるのが適切と考えるようになりました。そこで、大府市の「おたより箱」に以下のような要望を提出しましたので、お知らせします。
-----------------------------------------------------------------------------------
おたよりの件名:公民館休館制限の早期解除の要望
おたよりの入力欄:
COVID-19ウイルス感染症の影響については徐々に明らかになって
きており、つまるところ通常の風邪/インフルエンザ並みの症状・
死亡率にとどまることが分かってきており、過剰な社会的対応は混
乱を招くだけで無益です。

新型コロナの「緊急事態宣言」は必要ない
http://agora-web.jp/archives/2044700.html
コロナウィルスなのに旅行に出かけるのは不謹慎?
http://agora-web.jp/archives/2044698.html

私は毎週1回、東山公民館で将棋ク..

2019年8月に定めた表題ルールですが、棋力1級差相当のレーティング差がどの程度か?という問題についてある程度分かってきたことを受け、ルールを見直ししました。今期のリーグ戦から即時適用します。

この機会に、当クラブでの1級差をどのような考えで規定しているか説明します。
以前の基準は棋力1級差を勝利確率70%と規定(レーティング差で150相当)していました。その理由は日本将棋連盟・安城支部で採用している方式(勝率60%で1級昇級・15級制、昇段については勝率80%で1段昇段)を参考に、
・勝率80%の昇級は厳しすぎほとんど昇級できない(確率0.7%!)
・勝率60%の昇級は比較的容易(確率37%)
という受け止めから、間をとって勝率70%(確率7.4%)を採用したのです。おおぶ将棋クラブでは当初10級制としましたので、10級から初段まで10段階ですからレーティング差で1500となり、これなら入門者から初段の範囲をカバーするのに十分と考えたからです。じっさい、この尺度で昇級・降級を3期かけて調整がすすみ、リーグ戦の星取ではある程度均衡のとれる範囲に収まってきたと思います。

 いっぽうで、昇級のハードルがやや高く、6枚落ちの定跡を勉強できている子がなかなか10級~9級を脱せないなど(6枚落ちの手合いをきっちり勝ち切れれば一般的には4~5級と認定される)昇級のハードルが高すぎ、認定された級位から想..