サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

熊本県のその他団体が書いたブログ一覧

「がんばって」にありがとう

「熊本地震」で避難生活をしています。
14日に発生した「前震」と呼ばれる地震では
モノが散乱した程度で済んだのですが
15日未明の「本震」は日常を一変させるものでした。


遠くから地面を掘り起こすような震動が走ってきて
床下を揺らしながら長い轟音を立てて行きました。
一家三人、着の身着のまま、取るものも取り敢えず飛び出して
20キロ離れた祖母宅近くの病院の駐車場で車中泊でした。

最初の地震の夜、やっぱり気になって
取り壊し中の旧県民百貨店の近くを通りました。
遠目からですが無事のように見えました。
(壊れているのに無事って変ですね)
先月には、作業員の方を乗せたまま重機が転落する事故が起きています。
この地震が、昼間の解体作業中ではなかったことがせめてもの救い。

避難1日目の朝。
素晴らしい青空なのに…

余震が収まることはなく
これから雨と風が強まるとのことで
今夜は病院のご厚意で
祖母とともに病院内の仮の避難所に身を寄せています。

ご高齢の方を中心に約100名の方々と初めての避難生活。
学ぶことがたくさんです。

トイレの扉に、誰かの思いやり。

遅くに読んだ新聞では
突然家族を亡くした方の張り裂けるような悲しみに
涙が止まりませんでした。

部屋の奥にあるテレビのニュースが伝えているのは
私たちの熊本城や阿蘇神社の変わり果てた..

キィーン キンキン!

全国的に、春の交通安全運動実施中。
まるでランドセルがはしゃいでいるような光景に目を細めつつ
自分の交通マナーを省みて、心は若葉マークに戻ります。

一歩家を出たら、そこはいろんな人が行き交う共用スペース。
車はもちろん、自転車も歩行者も全方位に注意を払いましょう。
目は画面に気を取られ、
耳はイヤホンで自分だけの世界、、、
なんてことにならないようにね!

そこで、勝手に交通安全標語。
「手を挙げて わたる園児が 先生だ」

…えっ、真面目?
いつだってマジメですよ…

「止まれ見よ 外れてないか 人の道」

…ちょっと違うか。

ちなみに、ナウな言葉をうまく取り入れて評判の
熊本県警の交通安全標語、最新版はアラレちゃんシリーズのようですね。
熊本にお越しの際は安全運転で、電光掲示板にもご注目を(^^)/




上から
2010年10月25日熊日夕刊掲載 くまもと阪神「一生青春」シリーズ23
2011年6月20日熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ10
2013年11月25日熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ117

「一生青春」の掲載商品も
「これ、とってもイイからぜひ載せて!」と
積極的に手を挙げてくださる売場の方がいらっしゃいました。
中でも6階「Hotman」のN納店長のアピールはピカイチ。

東京・青梅の工場で丁寧に作られるその製品は
水分を吸..

美女vs熟女

熊本駅前の立飲み処「徳永酒店」に
リニューアルオープン後初めて行ってきました!

今回のブログには前段がございます。
おヒマな方は2月20日のブログへGO!
「実録!46歳女が…」
http://www.c-sqr.net/c/cs61040/Circle_detailReport.html?report_id=258044


夜の帳が下りた頃…
交通センターから熟女二人を乗せたバスは
「熊本駅前~」とアナウンスし徳永酒店のドアの前でピタッと停車!
なんというアクセスの良さ!

お、先客が一人。
雰囲気のいいお店に、スラリとしたシルエットはまるでCMのよう。
しかも美女!

「あちゃ、今日、お休みなんですよ~」と
カウンターの向こうで頭をかく店主・T磨氏。
なぬー!
一瞬たじろぐ、熟女A。
「ま、せっかく来たから」と自分で言って
立飲み屋の折り畳みイスを勝手に広げ、荷物を下ろした。


熊本駅前 徳永酒店
熊本市西区春日2-3-24
TEL:096-352-4591

立飲み店の営業時間:午後5時~午後9時(店休:土日祝)

その美女は、仕事を終えてひと息…といったところ。
「休みだなんてね。わたしもいま、ここの営業時間をSNSに上げたとこです」と微笑む。

どこかでお会いしたことが…と
100%初対面なのに思い出そうとしていると「何にします?」とT磨氏。
「あっ、雲雀(ひばり)が入ってますよ!」
来た!
そうそう、それです。ありが..

三人の日

三人の日 と書いて「春」。

漢字の成り立ちから言えば
「艸(草かんむり)+屯(集まる)+日」だそうです。
つまり「お日様ぽかぽか、草木に生気あふれだす」。

今朝、それを思いっきり体現している花を見かけました。


生け花、ならぬ「生き花」
(このブロックの向こうは盛土です)

いったいこのセメントの
たった数ミリの風穴を見つけ
君は咲こうと光を求め
もがいてきたのでしょうか。

いまこうして喜びを
誰に見せたいわけでもなく
ただ素直に
享受しているその姿。

鳥のさえずりも心地よく
春の訪れを感じた朝でした。


「春」といえば「青春」

サミュエル・ウルマン「青春の詩」は
このブログでも初めの頃に触れておりますが
http://www.c-sqr.net/c/cs61040/Circle_detailReport.html?report_id=244075
その詩の書き出しをもう少しご紹介。

 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
 怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、
 こう言う様相を青春と言うのだ。

 ……………

人生はらせん階段。
同じ季節が巡っても、また少し違って、心に響きます。


そして「青春」といえば「一生青春」

2013年2月25日熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ85※クリックするともう少し拡大します

..

最寄りのS本さん

今回は、コーヒーでも飲みながら。
とあるデパートの4階奥にある、仮想カフェでございます。

2011年1月17 熊日夕刊掲載 くまもと阪神「一生青春」シリーズ33
※クリックすると拡大できます

おともはこちら。
くつろぎのごちそう「お菓子の香梅」より「花小筺(はなこばこ)」
おちょぼ口さんにもってこいの、和テイストのプチクッキーでございます。
葛粉を使用したサクサクの食感と
甘みの中に香る素材の持ち味が楽しめるひと品。
ラインナップは「和三盆・ゆず・黒糖くるみ」の3種類。


実はこのお菓子、県民百貨店の販促で一緒にお仕事させていただいた
「U住さん」がパッケージデザインに携わっておられます。
京都仕込みの渋カワな色づかいといい、箱を開けた時の遊び心といい、
これまでの経歴を活かし、新しい仕事に励むご様子が垣間見れて頬が緩みます。

ちなみに私のオススメは「ゆず」!
振り切ったこのほろ苦さがたまりません。
一箱378円。
プチギフトにも最適かと。
お求めはぜひ、最寄りの「お菓子の香梅」へ。


さて、ネルドリップのまろやかなコーヒーが運ばれてきました。

前回「能ある鷹のサムネイル」に引き続き、S本拡光さんスペシャルです。

熊本岩田屋時代、店内で流れていた「テーマソング」がありました。
明るくて覚えやすいメロディー、
伸びやかなボーカルが心..