サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

熊本県のその他団体が書いたブログ一覧

能ある鷹のサムネイル

その時、販売促進部の責任者・S本拡光の鉛筆は迷いなく
A3の白い紙の上を走りだした。

百貨店は、モノを売るだけのハコではない。
人を通じて、モノを通して、個と個のつながりを作っていく。
こんな時代だからこそ…

2011年、2月。
「くまもと阪神」は「県民百貨店」へと屋号を変えた。
毎週月曜日の夕刊一面を飾ってきた5段広告を新しいシリーズに変えるのか、
それとも「一生青春」シリーズを継続するのか。
当時の舞台裏を
某人気ドキュメンタリー番組風に
筆者の想像を交えてお送りします。m(__)m

「つながりは 尊く 美しい」

キャッチコピーは、これしかない。

メインの写真は、数年前に一大ブームを巻き起こしたフジッコの「カスピ海ヨーグルト カスピア」。
「塩こんぶ」や「おまめさん」でおなじみの、フジッコである。
ある意味、カスピ海ヨーグルトは「おふくろの愛」と言っても過言ではなかった。

S本と「カスピア」との出合いは2005年に遡る。
「熊本岩田屋」を継いだ「くまもと阪神」の食品売場大改装の目玉の一つとして
「『カスピ海ヨーグルト』の情報発信基地」であった阪神百貨店からの紹介で初登場。
健康志向の高い熊本の顧客からもすでに高い支持を得ていた。
しかし、それから6年。
特に話題性の高い商品とは言えない。
H川やHらの販促チームメンバーは顔が曇った..

わたしは、白い雲になる

最後のあの日も
春を待つ雨の中
多くの方々が社長の「閉店の言葉」に心を傾けてくださいました。


県民百貨店が終了して一年。
ここに、​MJ社長からお客様へのご挨拶(ほぼ全文)を掲載いたします。

県民百貨店社長として ではなく
岩田屋伊勢丹から県民百貨店まで
このお店に携わった全ての者を代表して
ご挨拶申し上げます。

この地で42年間 百貨店として営業してまいりましたが
​今この時閉店いたします。

長い間 温かく優しく見守っていただき
また ​​時には叱咤激励していただき
本当に家族のように接していただきました。

ここにいらっしゃる皆様方をは​​​​​​​じめ​​​​​​
この百貨店を愛していただいたお客様は
私たちの誇りであり宝物です。
こんなにも素晴らしいお客様に愛されて
私たちは 日本一幸せな百貨店です。

思い起こせば昭和48年10月
岩田屋伊勢丹ショッピングセンターとして誕生して以来
岩田屋伊勢丹、熊本岩田屋、くまもと阪神、県民百貨店と
名前は変わっていきましたが、百貨店として営業継続が出来ました。
これはお客様からの絶大なご支持の賜物だと思っております。

今までにお客様からいろいろなお手紙をい​ただき​​​​​​​​​ました。
その中で
この建物の思い出を数多くい​ただき​​​​​​​​​​ました。
この白い建物がなくなるのが寂しい と
何度も言..

猫とムチャゴロウ

2月22日は猫の日。
そして、熊日夕刊「一生青春」シリーズ広告全200回の
2回目以降ほとんどの写真を撮り続けた
″大のネコ好き″H川致臣カメラマンのお誕生日でもあります。

「昭和22年に生まれてたらニャンが5個並んだのに~」とネガティブに悔しがったかと思えば
「でもいいモン。寅年だからネコ科だモン」とポジに転ずる様相はまさに猫。

その愛されキャラで
今後も熊本の広告業界で″自由気ままに″ご活躍なさることでしょう(=^・^=)
☆HAPPY BIRTHDAY☆

さて、22日のテレビでは「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)で
猫の日にちなみ「ムツゴロウ」こと畑正憲先生による「タスマニアタイガー」の鳴きまねに
猫たちが過敏に反応する!という話題をやっていました。

ウチのコも!!!

…固まる。

ちなみに我が家では
猫の顔を口の中に入れてしまうほどの猫好きさんを
敬愛を込めて「ムチャゴロウ」と呼んでいます。
※妊婦さんは絶対にマネしないでね!


一生青春でも、「猫のおまわりさん」という回がありましたよ。

2014年4月28日 熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ136

世界遺産「石見銀山」の地、島根県の山あいに位置する「群言堂」。
早くから古民家再生に取り組み、手仕事や生活文化の良さを世界に発信しています。
キャッチコピーにも、80文字のボディコピーにも
商業的..

実録!46歳女が…

嗅覚というものは、時にニオイの先の世界を察知する。
およそ過酷な状況にある者ほど発達している感覚なのだろう。

こっちの水は、うーまいゾ。
こっちの水は、まーずいゾ。

そんなことを嗅ぎ分けて、
時折、知らない場所まで足を伸ばす。

ジンジャー・ボンバーとは、そんな再会―
いや、今夜初めて、出会ったのかもしれない。

※BGMはRCサクセション「冬の寒い夜」だぜ。


いつも、写真を撮る前に対象を味わってしまう…悪い癖だ。

ボトルを開けた瞬間に
解放されたショウガの香りが鼻腔を満たす。
すぐに柑橘のほの甘い香りが追いかける。

5年ぶりの焼酎。
ロックにちょい水で試してみた。
ほほう~
いや、これ水は要らんだったかな。

少なめに注いだ一杯目をクイっと飲み干し
二杯目は水なしで。

これこれ。
チビチビやるつもりが
氷の形も変わらぬうちに3杯目へ。

香りとは逆に、フルーティーな味わいのあとで来るショウガの刺激。
まろやかでスッキリとした飲み口に気分も上がり、整っていく。

ちょうどグラスが空いたとき
手足の先からポカポカしてきた。

いいぞ、この感じ。
春が来るまであと少し、寒い夜を温めて眠ろう。
明日、早速2本注文しようっと…

2012年1月30日 熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ37

掲載当時、、、私は産休に続き一年間の育児休..

燃えよ商魂

​​「ねえママ、『たましい』って、なに?」
この世に生を受けて4年と4ヶ月の保育園児からのまっすぐな質問。

た・たましい?

あの、中学で習う漢字の、書こうとするといまだに「かたまり」と間違ってしまう、
「たましい=魂」のこと?

「モノにはみんな、『たましい』があるんだよね?」
小さな瞳をキラキラさせて
私の右眼と左眼を交互に覗き込む。

アンパンマンから「愛と勇気」をおぼえ、
プリンセスプリキュアから「夢と希望」を学び、
そしていま
YouTubeで見つけた「ヒミツのここたま※」から
「たましい」の存在を知った娘よ。

なんと答えよう。
ここでウィスパーのようにググってしまっては私の辞書が廃れてしまう。

頭の中は高速回転で、我が子と共有できているキーワードを探しまくった。

県民百貨店の7階でよく遊んだ、アンパンマンの乗り物。

「たましい」

それは、心のタネのこと。
心のタネから、喜びや悲しみや思いやり…たくさんのチカラが育っていって、
そのチカラが、あなたの体を動かすんだよ。

これから大きくなるにつれて、たくさんの心の作用を知っていくあなた。
自分以外の心に触れていくうちに
友達や家族とのぶつかり合いもあるだろう。

それでいいんだよ。
どんなときでも、
ママの「たましい」はいつでもあなたの心の隣にいるからね。

あ、それと、..

春色の汽車に乗って…

ウメハル、という言葉を初めて聞いたのは
岩田屋伊勢丹入社一年目の冬でした。
熱気を帯びて盛り上がる冬物在庫一掃セールの横で
春の訪れを早めてしまうかのごとく
凛として清廉な「梅春物」の新着商品たちが並んでいたディスプレイ。
今日は立春。
まだまだ寒さは続きますが
ベビーピンクやレモンイエローといった
フレッシュなパステルカラーの力を借りて
気分だけでも、上げていきましょう!

2012年3月5日 熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ42
​​

前にも触れましたが
(DAI語で言えば『KHKY』http://www.c-sqr.net/c/cs61040/Circle_detailReport.html?report_id=254913)
約5年間のシリーズ広告を続ける中で
私の緊急入院や産休・育休があり
職場の皆様には度々助けていただきました。

入院~出産前までは、
ノートパソコンのおかげで病院や自宅からでも続けられましたが
出産後は育児専念と持病の治療もあり
1年3ヶ月、回数にして59回も!
私以外の販売促進チームで力を出し合い
ひとつひとつを積み重ねていきました。

自分が参加していない「一生青春」シリーズ広告を見るのはとても新鮮!
不安ももちろん大きかったのですが
世代や感覚の違いを楽しみ、月曜日を心待ちに過ごしました。

「これは私には書けなかったな~!」というのが先の広告。
実はこの年にスタートした「..