サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

熊本県のその他団体が書いたブログ一覧

巻いて巻いて~

「あの~、今年はまだ、例の鯖寿司がまだのようで…」
とは、私のオナカの中の声でございます。

例の鯖寿司、とは
この時期恒例の大人気催事だった
「有名駅弁当と全国うまいもの大会」でこれまた大人気だった
茶屋・福岡県田川郡の活魚寿司「たちばな」さんの鯖棒寿司のこと。
看板メニューの「中トロにぎり鉄火巻き」もさることながら
初日に長い行列を作ってしまうお持ち帰り用「鯖棒寿司」もまた格別の一品でした。

右の写真は、最後の駅弁大会で購入した人吉駅の駅弁「栗めし」

昨年の今頃「来年から、もう食べられないのかな…」としっかり味わっていたのに
オナカさん、聞いてなかったんですかい?
なんなら、福岡のお店まで食べに行っちゃいます?

催事のメニューと同じではないようですが
「寿司華やぎ御膳」や「巻き寿司」などメニューも豊富ですよ。
活魚寿司「たちばな」HP(店舗案内)http://www.sushi-tachibana.com/tenpo.html
恵方巻をたちばなさんで丸かぶり、もいいかもしれませんね。

恵方巻、といえば…
「一生青春」シリーズ広告がスタートする以前の月曜日の熊日夕刊に
こんなお気に入りの広告があります。

2011年2月1日 熊日夕刊掲載 (くまもと阪神)

メインの写真は、「いとはん」様の宣材写真。
通常はB3チラシなどでもビッシリと全館の写真が入るので、
いい写真でも切手..

DAI語で言えば「KHKY」

いやはや、
この日を心待ちにしておりました。

DAIGOさんとK川景子さんのご結婚!
「KSK…結婚・して・ください」ですって…
こちらまで幸せな気分になりました(^^)

というわけで
今回はお二人にちなんで
DAI語満載でいきますよ!

まずは、社名からすでにDAI語!?
前回も触れた「元上司のT口さん」が現在お勤めの会社「(株)TKP」さん。

「TKP」さんのホームページによると、
TKPは創業者K氏のお名前を含む「Takateru Kawano & Partners」の頭文字を取っているそうですが
そのアルファベットに「Team Kakumei with Passion」の意味を込めているそうです。

また、前回「TKP特製おせちに一同舌鼓…」と書いたのですが
11年前の設立当初から、主軸は「KKGS」つまり「貸会議室」を運営しておられる会社です。
現在、その業務から派生したケータリングやお弁当、ホテル宴会なども手掛けておられるというわけです。

「KKCH」そう「熊本交通センターホテル」がなくなったいま、
バスターミナルの近くで宴会場を…とお探しのアナタ、
新年会や同窓会などをお考えの幹事さん、
ぜひ、TKPの熊本センター長・T口さんに相談してみてください(^^)‐☆

さて、そんなT口さんが「HSDM」つまり販売促進ディビジョンマネージャー時代に
一度だけ「一生青春」新聞広告のコピーを書かれたことがあります。

この広告..

ためして元旦

あけましておめでとうございます!

皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?
県民百貨店で働いていた
社員・アルバイト・お取引先従業員の皆様と関連会社の方々を含めると
1000人​超の皆さんが、今年はそれぞれの場所で「元旦初売り」ではない元日でしたね。

体内時計が、今年はゆっくり廻っています。
これまでは、大晦日に「良いお年を」と言って県民百貨店を出て
翌日に「あけましておめでとう」と顔を合わせる、
なんだかんだ言っても活気あふれる元旦でした。

ちなみに、「元旦」とは本来「元日の朝」を指します。
新聞広告担当になりたての頃、お客様から教えていただきました。

今年の元旦はというと…
年始の挨拶に出向いた祖母宅で
元上司のT口さんが熊本センター長を務める(株)Tケーピーさん(一応、イニシャル)の
特製おせちに一同舌鼓。
その後、初詣の立田山・代継宮で懐かしの※代継太鼓を楽しみ。

※交通センターのセンターコートで毎年ゴールデンウイークに開催されていた
「郷土の太鼓フェスティバル」でおなじみの代継太鼓保存会。
代表のU野さんもお変わりなく、村祭りのような朗らかな演奏でした。

お天気にも恵まれ、いいスタートです。
それから阿蘇神社へ向かい、お昼過ぎに到着!

イメージ写真です(笑)
実際は参拝客で大賑わい!
この写真は去年の3月、阿蘇神社。

..

妄想紅白

​2013年12月9日 熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ119

この、見目麗しいケーキは
2013年、「県民百貨店」10周年記念企画のなかでお客様と創作したクリスマスケーキ。

「こんなクリスマスケーキあったらいいのに!」というアイデアを募集し、
採用が決まったお客様お二人と県民百貨店の「​​スウィーツ女子部」、そしてお取引先のケーキ担当者様とで打合せを重ね
その年の「オリジナルクリスマスケーキ」に創り上げたという、思い出のケーキです。

「一生青春」新聞広告のケーキは20代の女性と「きなこーや」によるもので
和のテイストを取り入れた大人の感性が光る名作。

「きなこーや」さんは、地元熊本で愛されている甘味処「あまみや」の姉妹店。
当時スポット的にご協力いただいていた「こだわり和スイーツのお店」です。
米粉やきなこなど、和の素材でつくるクリスマスケーキは新鮮でした。
特に栗の渋皮煮とともに配した「餡トリュフ」のアイデアが秀逸で
どこにもない特別感を醸し出していました。


もうひとつのケーキは
当時4歳の女の子が描いた夢いっぱいのケーキ。​
「マチカラスウィーツ」とのコラボで​、かわいらしいイチゴのムースのケーキ​​が​​​​​​​​​​実現しました​​​。

考案した女の子​​が、試作品を「ペロッと食べた」そうで
「ひとりで1ホールでも食べられそう」と大..

ネーミング

忘年会シーズン真っ只中ですね。
今年はきっとあちこちで
「岩田屋伊勢丹・熊本岩田屋・くまもと阪神・県民百貨店」の
それぞれの世代が集まっていることでしょう。


解体の進む旧県民百貨店を見守るようにそびえる花畑広場の巨大ツリー。
RKK本社前からつづく「RKKきらきらファクトリー」の会場にもなっていてとってもきれい。

この写真を撮った数日後、白い建物は灰色の防塵幕に覆われました。
現在建物内部の取り壊しが2階あたりまで済んでいて
今後3階4階…と進んでいくようです。

さて、ここのところ「改名」の話題が続いております。

まずは熊本市民会館の愛称。
2008年に施設命名権(ネーミングライツ)契約によって
「市民会館 崇城大学ホール」となり、すっかりなじんだ感がありますが
契約終了に伴い、次は来年4月から4年契約で「市民会館 シアーズホーム 夢ホール」へ。
シアーズホームのM本社長(ご存知「くまもと阪神」初代社長)、
画面で久しぶりにお見掛けしましたが、お変わりなくお元気そうでした。
退任後もよく地階食品フロアでお買物いただいていましたね。

そしてこちらは来年から「改編」してスタート!
熊本で長年愛されている月刊誌「タンクマ(月刊タウン情報クマモト)」と「モコス」。
そのタンクマが、モコスの魅力をプラスしてリニューアル!
新生タンクマ2月号は..

星になったサンタさん

「片づけしないと、サンタさん来てくれないよ!」
と言い放った後
「これは一種の脅しではないかい?」と
大反省の今日この頃です。

クリスマスまで2週間、ということで
今回はサンタさんのお話を。

「一生青春」シリーズ広告の初めてのクリスマスは
MJ社長の発案で「4部連作」にチャレンジすることになりました。

とはいえ、「4連作です。このあと3回続きます。」的なことは書いておらず
まったく気づかれていなかったかも(^^;)

なので、この場を借りて4部続けて掲載してみます。

2010年11月29日・12月6日・13日・20日 熊日夕刊掲載 くまもと阪神「一生青春」シリーズ28~31
↑クリックすると少し拡大します↑

2005年(平成17年)に桜町界隈でスタートし
今やすっかりマチナカの冬の風物詩となった「光のページェント」。

H川氏が撮りためていた写真の中に素敵なショットがあり、4連作の初回に決定。
くまもと阪神「デパイチ・スウィートガーデン」から流れる甘い香りに包まれ
トナカイやクマさんたちのイルミネーションにとけこむ、
クリスマス・ストーリーの主人公。
偶然写っていたこのご家族、男の子はきっといま10歳くらい。
この光景、覚えていてくれるかな。。。

現在開催中の「中心市街地イルミネーション“光のページェント” in くまもと」は
上通・下通・新市街・シャワー通りな..