サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

静岡県のその他団体が書いたブログ一覧

ふじのくにの会 納涼会

2013年8月23日ふじのくにの会納涼会が浮月楼で開催されました。

会場になりました浮月楼は徳川慶喜公が維新後お過ごしになられたお屋敷で、風情のあるたたずまいの中、喧騒の街中を逃れ、落ち着いた雰囲気の中で優雅にそして楽しいひと時を過ごしてまいりました。

今回のテーマ「しみず芸妓を学ぶ会」ということで、清水の芸妓さんを3名お招きし、日本の伝統と文化を体験を通して楽しく学んでまいりました。


ねね子さんの艶やかな着物姿、凛としたたたずまいの菊乃さん、時を忘れて楽しませてくれる名調子の梅香さん、私たちは三味線が奏でる音色と芸妓さん踊り、おもてなしに次第に引き込まれていきました。

そして「とらとら」というお座敷遊びでは、ふじのくにの会と遠州ビジネス交流会の代表対決など、皆さんほろ酔い加減も手伝って、唄と手拍子と笑いで存分に楽しませていただきました。
楽しそうです。


ところで今回の芸妓さんの一人ねね子さんは多少耳の障害で聞き取りにくいところがあり、芸妓の試験に一度は不合格だったそうですが、芸妓の思いを断ち切れず、再び翌年試験を受けられ、今年からお座敷に立たれているそうです。外見の優雅な振る舞いからは想像できないねね子さんの芸妓への強い思いと粘り強い心は、まさしく日本の心の伝統と文化であり、古くから受け継がれている清水芸妓の歴史を垣間見..

遠州ビジネス交流会 納涼会に参加

2013年8月8日(木)ふじのくにの会メンバー4名にて、遠州ビジネス交流会の納涼会に参加してまいりました。そのご報告をいたします。

今回、ふじのくにの会からは折元さん、山崎さん、横山さん、それと私(高見)の4名での参加となりました。

当日出発の際には緊急地震速報で新幹線も止まり、一時はどうなることかと心配もありましたが、無事浜松駅に到着。一行は納涼会会場へ移動。そして会場に到着するや否や、企業戦士・ビジネスウーマンの出で立ちから一変、夏の似合う粋でいなせな日本男児と大和撫子姿に変身を遂げ、颯爽と遠州ビジネス交流会の会員の皆様へのごあいさつに向かいました。

遠州ビジネスの方々の暖かいお迎えをいただき、アットホームな雰囲気の中、納涼会は幕を開けました。

料理は遠州ビジネスの会員「峯野牧場」さんご提供の「峯野牛」ブロック肉を炭火で丸焼きに!その見応えと美味しさは格別で、私たち会員の意気もこの猛暑を上回る熱気となり、納涼会は最高潮に達しました。


私達一行は最高の牛肉に舌鼓を打ち、ビールを飲んではお腹を打ちながら、大変楽しい時間は過ぎていきました。

また余興ではプロのマジシャンのマジックショーもあり、日頃はビジネスの世界において鋭い眼光で世の中を流れを見つめられている皆様も、あのマジックの技は見ぬくことができず、まさしくプロの妙技にす..

2月度例会報告

■開催日:02/07(木) 18:30~21:00
■場所:アイセル21 2F 食工房(葵区東草深町3-18)
■参加者:松永 達也、山崎幹夫、伏見昌記、田中竜太、折元 弘恵、名波 京子、池田 恵一、石切山 通夫、薩川 由美、松井 孝子、増尾 宏、上井戸 高光、オブザーバー:増田 善博、田形 俊哉 (14名)

2月度定例会は松井さんによる「男の料理教室」と銘打って開催されました。
今や男性が料理ができる事は当たり前になりつつある中でふじのくにの会男性陣も負けじと真剣な眼差しで松井先生の指導を受けていました。

みなさんなかなかエプロン姿が似合っていますね(笑)

今回のレシピは下記に記載させて頂きますが、「ポークチーズのカツレツ」「小松菜と塩鮭のみぞれあえ」「りんごと白菜のサラダ」「蓮根のすり流し汁」の4品を作りました。

どれも本当においしく、栄養バランスも良く、とても簡単に作れますので皆さんもご自宅で腕を振るってみてください。
おいしくてご飯のおかわりも続出でした。

名波さんからは最高級のお茶をいれていただき心も体も満たされホッとしたひと時でした。
とても好評でしたので、またこのような機会を定期的に設けていきたいと思います。
最後に、材料から何から何まで手配をして下さいました松井さん、折元さん本当にありがとうございました。



~レシピ~
*4人分の..