サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

奈良県のその他団体が書いたブログ一覧

要望書には間に合いませんでしたが
声の多かった
おやつ持ち帰りについて
担当課長に確認しました。


保護者や支援員からも
いろいろな声が出ているようですが
結論としては
おやつ持ち帰りはなしでスタート。です。


おやつについては
国の基準でも記載があるように
学童保育での生活で必要なものという認識は
私たち市連協とも一致しており、

むしろそうだからこそ、
奈良市が保育料と同じようにおやつ代を
集めようとしてくれているようです。

おやつ代の延滞について、
それを督促をするような負担を
保護者にこれ以上かけられない、
というのも大きいそうです。



おやつ持ち帰りをするかしないか
各バンビーに委ねるのが
1番揉めないのではないか、
主任先生の采配でいいのではないか、とか

おやつ代はどこも毎月
子どものために使いきるのだから
持ち帰りするかしないかで
バンビーごとの不公平は出ないのでは?とか

結構持ち帰りを推したのですが、、


やはり奈良市の事業なので
持ち帰りするならする、
しないならしないに統一すべきであり

するのならばどうやってするのかの方法まで
担当課から指示をする責任がある、

今は持ち帰りなしで統一する。と

担当課長からは強い思いを感じました。


ただ同時に、
持ち帰りしないことに
固執するつもりもあり..

きっかけ

きみです。

私が市連協に関わった経緯を
お話したいと思います。


市連協との出会いは6年前。

入学前の春休みから
配達弁当制度を導入したくて
騒いでいました。


あなただけ特別扱いはできない
と言う先生に

全員頼める環境にした上での
選択制にしたいです、

とりまとめは全部私がするので、
お弁当の受け取りだけして欲しいんです、と
しつこく言い続けてました。

入学前からのモンペと思われたでしょう笑


困り果てた先生から、上司を紹介され
(今思えば担当課だと思います)
かなり粘りましたがその方からは

そんなに嫌だったらバンビー
入らなければいいんじゃない、という
ニュアンスを感じました。

あ、保育園と違って
入らない選択ができるんだ、と
衝撃を受けてその場は引きました。


入学後は当時のバンビー会長に
しつこく言っていたところ
今度は市連協を教えてもらいました。
会議あるから行ってみたら?って。

2回目の衝撃です。
こんな団体があったんだって。

普通にバンビーに入るだけでは
関わらなかったかもしれません。


会議の中でグループトークがあり
保護者はもちろん、
支援員の先生だったり、
日によっては担当課の方にも
意見を聞くことができました。

配達弁当を導入するまでの
問題点や手順などもわかってきました。


結..

きみです。


ある未加盟バンビーを訪問した際
先生から聞いたのですが

「うちは市連協に加盟してないから
おやつ代公金化から外れられないか」と
保護者が言っていたそうです。


一瞬意味がわからず・・
すぐにわかりました。


もしかして、おやつ代公金化
市連協がしたと思ってる??


おやつ代公金化にしろ、
夏休みのお弁当にしろ、
市連協がしているわけではありません。

これらはあくまで奈良市の事業ですので
決めて実行しているのは奈良市です。



一方、市連協は保護者等の任意団体。
市連協でできるのはあくまで要望。


奈良市は保護者からお願いすれば
とても真摯に話を聞いてくださる
市ですので

お弁当についてもおやつ代についても
市連協の要望を尊重して下さった結果であり
きっかけを作ったのは確かです。

でも、市連協がしたわけではないです。


困ってないから未加盟でいい、
加盟なのにメリットがない、
という話も聞きますが

利用してこその団体、
利用してこそのメリット。


バンビーホームなら全て
市連協がお願いしたことの恩恵も、
それに伴うマイナスも
受けることになります。



やはり団体ですので
自治会でも、PTAでも、市連協でも
加盟は任意でないといけないんですが

本当なら加盟、未加盟という枠にとらわれず
バ..

きみです。

今回の公金化について
担当課に確認したことを
お伝えしておきます。


まず、ベースとして
奈良市が一括引き落としするということは
バンビーごとに違いが
出てはいけないようです。

そして、意思確認も必要。


ひとつがおやつ持ち帰り禁止です。

今までは
持ち帰りしていたバンビーもありましたが
支援員さんの負担も考慮し
一律持ち帰り不可になりました。

いろいろ支援員さんの中でも
戸惑いは出ていますが
ざっくり言うと
「おやつはバンビー内で食べてね」です。


高学年はおやつの時間に間に合わない、
バンビーキッズ行く子は食べれない、
などという噂もあると思いますが

おやつ時間の設定は臨機応変に
支援員さんで調整していただき
バンビーにいる間に
おやつを提供いただければ

何時に提供しないといけない、
全員同時でないといけない、
ということはないようです。

ただ、家への持ち帰りは禁止です。


これについてもし
おやつの持ち帰りをしたいという場合は
バンビー単位では決められません。

奈良市内全てのバンビーホームに
適用することを前提に
担当課と話することになります。



次におやつ代の運用です。

年度末に使い切らないといけないことは
わかっているのですが
月単位使い切りなのか?
月をまたいで繰り越せるのか?..

きみです。

なぜ公金化なんてするの?
いいことあるの?

がそもそも謎ですよね。


今まではおやつ代は
保護者会管理だったので
会計さんが管理していました。

短期利用の人、途中入退所の人がいると
会計さんが銀行とやりとりし
金額変更などをする必要がありました。
(支援員さんがしてくださるところも)

働いているのに銀行って
なかなか行けないですよね。

それを、
奈良市が管理してくれます。


それともうひとつ。

おやつ代、残念ながら
すぐ支払ってもらえないことがあります。

残高不足だったり
振込してもらえなかったり。

そんなとき、同じ保護者同士の立場で
督促の電話をしたり、家まで訪問したり
することになります。


子どもたちにおやつを出さないのも
かわいそうでできない。
給食費未払いと同じ問題ですね。


大変でもあるし、気まずくもあるし、
会計さんはじめ
役員さんは憂鬱だったと思いますので


それを奈良市にしてもらえることは
大きなメリットだと考えています。


市連協として求めていたのは
その部分だったのですが

奈良市の制度になることでどうしても
全てをルール化せざるを得ず、
それに伴って変わることが出るようです。



特に1番懸念しているのが
おやつ提供は希望する用紙を出した
家庭のみに提供します、のルー..