サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

兵庫県のその他団体が書いたブログ一覧

みなさん、こんにちは。TTC研究会のうすぴーです。今週「6/16(火),6/20(金)」の更新を行います。

火曜日、金曜日ともに、クトゥルフ神話とシノビガミを行いました。
金曜日にはインセインの報告会も行われました。

クトゥルフ神話は、六月初週に行った見学会に参加してくれた1回生のプレイヤー参加、KP参加でそれぞれ行いました。
研究会での初めてのセッション、慣れないボイスセッションの中で、シナリオの中心人物を務めたり、自由奔放な行動をするキャラクターたちに振り回されながら、描写や情報の提供などを頑張っていました。
ですが会員たちも状況推測からの発想や、ロールプレイの巧さなど、良い部分を多く見つけることができました。

シノビガミの方は、新しいシナリオ形式と、GM初作成のシナリオが行われました。
火曜日は、オープニングで死闘を始める、それも生命点0まで減らす戦いという驚きの展開からスタート。残念ながら、大団円とはいかなかったようですが、プレイヤーからは好評でした。
金曜日は、狐狗狸さんをめぐり、物語が展開されました。多くのプレイヤーが使命達成をでき、良い結末に向かったようです。

さて、インセインの報告会ですが、今回は戦闘について行われました。1~6までのどこかにコマをおいて、6から順に行動を開始するというのは、研究会で取り扱っているシノビガミ..

みなさん、こんにちは。TTC研究会のうすぴーです。今週「6/9(火),6/12(金)」の更新は私が行います。

火曜日は、オンラインツールでロール・フォー・ザ・ギャラクシー、レース・フォー・ザ・ギャラクシー、凶星のデストラップ、お邪魔者/Saboteurを行いました。
レース・フォー・ザ・ギャラクシーは宇宙を舞台に自国を発展させていくゲームです。1から5のフェイズのどこかに一つ自分のコマを置くことで、ボーナスを得つつ、その行動が保証されます。他の行動は他プレイヤーがコマを置くことで同時に行動することができます。効果は1から順に、手札の獲得、手札を捨て、様々な効果を得たり、製品を作れるように惑星を開拓すること、製品を売却して得点を得ること、開拓した惑星で製品を作る、に分けられます。
他プレイヤーがどの行動をしようとするか、自身の手札でどのような発展を行っていくか。とても奥深いゲームとなっています。

ロール・フォー・ザ・ギャラクシーは、先に紹介したレース・フォー・ザ・ギャラクシーと同じ会社が作った同じコンセプトのゲームです。しかし、行動にサイコロを使うこと。与えられたパネルを順に開拓していくこと。この二つが大きな差異になります。それに伴って、行動順の変更も行われていました。
私は、同じコンセプトでもより難しい印象を受けました。皆さんも一度やってみてくだ..

みなさん、こんにちは。TTC研究会のうすぴーです。今週「6/2(火),6/5(金),6/6(土)」の更新は私が行います。

今週から毎週火曜日と金曜日に活動時間を変更して行いました。
火曜日・金曜日は、リハーサルや発表スライドの修正といった歓迎会準備を中心に、オンラインツールでのボードゲームを行いました。

火曜日は東海道・凶星のデストラップを行いました。
東海道は、京都から江戸に向かって旅するゲームです。
すごろくや人生ゲームのようなマスを進めていくのですが、同じマスには一人しか止まれないこと、一番ゴールから遠い人から順にコマを動かすことができる点が大きな違いです。

凶星のデストラップは、ボードゲームアリーナ内では珍しい1対多で行う役割非対称ゲームです。
多数は、不時着した惑星の様々な地形を移動して、エイリアンから逃げながら救助を待ちます。残る1人はエイリアンとなり、様々な妨害能力カードを使いながら、他の人がどこに潜伏しているかプレイヤーの捨て札から推理しながら捕獲します。

金曜日には、〔インセイン〕報告も行われました。今回はセッションの進行についての発表が行われました。基本はTTC研究会で取り扱っているシノビガミのシステムと同様ですが、狂気カードなどの事前準備により力を入れる必要が大きな違いです。会員も着々と知識をつけています。
プレイし..

TTC研究会 新入生歓迎Zoom会(説明会+体験会)の告知

Twitterからお越しの、みなみなさま!⇦[TTC研究会のツイート]
大変長らくお待たせいたしました!!
伸ばしに伸ばして告知が遅れておりました、新入生歓迎会の正式な告知でございます!!(パチパチ

チラシを添付しておりますので、是非ご覧ください!!
参加費用は無料です!!やったね!!!!
受付期日はイベント前日までです。当日の参加はTwitterのDMまでどうぞ。
参加資格は「原則、大手前大学生」であることです。他大学からの参加を希望される方は、TwitterのDMなどからご相談ください。
新入生歓迎会とありますが、2年生以上の方の参加も歓迎しております!
もちろん、4年生の方でも大歓迎でございます!

説明会だけの参加、ボードゲームだけの参加、なども対応しております!!
…えっ?全日参加したい? うぇるかむかも〜〜ん✌️✌️満足できるまでご参加ください!毎日違うゲームを用意しております! 参加者も変わりますので、違った体験ができるかと思います!!
お気軽にご参加ください!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
忘れないうちに、参加申し込みのフォームリンクを貼っておきます!
こちらから参加申請してください⇨【新入生歓迎Zoom会申し込みフォーム】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、コ..

みなさん、こんにちは。TTC研究会のうすぴーです。今週「5/28(木),5/29(金)」の更新は私が行います。

今週は木曜日、金曜日ともに、オンラインツールを使って「ボードゲーム」を行いました。

木曜日に行ったのは、ニムト、ラブレター、キングドミノ、世界の七不思議、コロレット、スシゴーです。
ニムト:
今回は、追加ルールを用いて挑戦しました。手札を自分で選択してプレイするというルールで、互いの手札を把握してカードを選択するとても緊張感のあるゲームとなりました。
ラブレター:姫にラブレターを届けるために、カードの効果でライバルを脱落させたり、数字の大きいカードを所持し続けるゲームです。
人数の違いで難易度が大きく変わり、一筋縄ではいかない戦いとなりました。初心者が多かったため、5人以上での追加カードありでは効果の把握に苦労しましたが、4人用の基本セットでは、楽しくプレイすることができました。中には、適当に言った「『男爵』のカード持ってるでしょ」という質問に対して「持ってる!なんでわかるの…」と脱落するシーンも見受けられました。
スシゴー:手札を交換しながら1枚ずつ場に出し、得点を稼ぐゲームです。
かわいらしいスシのイラストで空腹を刺激された人も多くいました。また、スシを食べに来ているのに、餃子やテンプラをそろえて得点を獲得する戦略もあったり..