サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

関東エリアのその他団体が書いた2018年12月のブログ一覧

竜ケ岳(ダイヤモンド富士)

◾️日程:2018年12月30日(日曜日)深夜集合
◾️概要:ダイヤモンド富士を見に行きます。
    工程時間は短いのですが前日深夜発です。
◾️集合場所:海老名駅 西口出て ららぽーとロータリーAM01:00集合
◾️行程:本栖湖キャンプ場→石仏、見晴台→湖畔登山口→竜ヶ岳山頂
 →本栖湖キャンプ場ピストン→帰路
◾️温泉:西湖温泉いずみの
◾️お昼ご飯: 小作河口湖店
◾️参加人数: 6名

今回は富士山頂から登る朝日を見るのが目的!そこで海老名駅に深夜1:00に集合、こんな時間でもみんな遅れることなく無事出発!

本栖湖キャンプ場に3時半に到着、そこで目にしたものは満天の星空!みんな車からおり寒い夜空の下、しばしプラネタリウムのような夜空をオリオン座や冬や大三角を探して楽しむ。

2時間、車で仮眠をし5時半スタート。真っ暗闇の中ヘッデンとGPSを頼りにナイトハイク!真っ暗闇を歩くのもなかなか楽しい。

しばらく歩くと左手に富士山のシルエットが見えてくる、まだこの時点では三角形の山があるな〜程度!石仏に到着するあたりから地平線から徐々に光が差し我々の山道を照らし始める。太陽ってありがたいな、実感!

見晴台6:30まで来るとすっかり辺りは明るくなり、真っ白な帽子をかぶった富士とどこまでも続く緑のじゅうたんのような樹海もくっきり!
ここから山頂迄は急登が続く。

竜ヶ岳山頂7:30..

子ども大掃除inこまどり

今年も残すこと後数日・・。
今日は学童の1年間の汚れをとるべく、子どもたちと一緒に大掃除をしました!

まずは各自、手紙を入れるウォールポケットの中の整理と、ロッカーの中の雑巾がけ。荷物がたまっていた子もいたので、だいぶすっきりしました。

次は班毎で担当の場所の掃除です。
◎窓ふき ◎おもちゃ箱の整理 ◎ホワイトボードみがき ◎ロッカー・水道まわり掃除 ◎本棚整理&本棚磨き
この中で1番の人気掃除スポットはホワイトボード磨き!全班ホワイトボードが第一希望でした(;^ω^)一番キレイになったかが、わかりやすいからでしょうか。


皆大掃除なんて嫌がると思ったのですが、文句ひとつ言わず「次何やればいい?」「こんなに汚れとれた!」など積極的な子ばかりでビックリ( ゚Д゚)
みな頼りがいのある子たちで、とてもうれしく思いました。

掃除で役にたったのが「激落ちくん」でした。子どもたちも、みるみるとれる汚れに感動・・。窓ふきが終わり、自分からトイレのドアを激落ちくんでひたすら磨いてくれる子までいました(笑)
最後は雑巾がけをし、キレイになった学童にみんなの顔も清々しく見えました✨


今日、子どもたちに「家の大掃除を手伝ったことありますか?」と聞くと、やったことがある子の方が少なかったのことに驚きました。
「自分たちで汚した汚れは自分たちできれいにする!気持..

柏キャンパスライフ

こんにちは。GUT柏支部のmsty^3です。来春解散予定。

きょう12月24日は、米軍柏通信所跡に「柏の葉地区」が新設(1990年3月24日)されてからちょうど28年9カ月、さらにはつくばエクスプレスが開業(2006年8月24日)してからちょうど12年4か月という記念すべき日ですね。つまりきょうは柏デー。

 キャンパスの正面。門はない。

2018年4月から柏地区に通っているわけですが、ここがどのようなキャンパスなのかご存知でしょうか?Wikipediaによれば、

 東京大学 柏地区キャンパス(とうきょうだいがく かしわちくきゃんぱす)は、千葉県柏市柏の葉地区に所在する東京大学のキャンパスの一つである。「柏地区」あるいは「柏キャンパス」とも呼ばれる。
 柏、柏II、柏の葉駅前の3キャンパスで構成される。なお、「柏キャンパス」は柏地区キャンパスの一部である柏キャンパスのみを指すこともあるので注意を要する。

と書かれています。混乱を防ぐため、この記事では、3キャンパスの総称を「柏地区」、柏地区キャンパスの1つとしての柏キャンパスをそのまま「柏キャンパス」と呼ぶこととします。

柏地区の設立の経緯を要約すると、

 本郷・駒場が手狭になったよ! あと細々した研究所が各地に散らばってて面倒だよ!
 ちょうど米軍柏通信所跡(現在の柏市柏の葉地区、1979年返還)が空いてるよ!
 じゃあそこ..

こんにちは,H.H.です.今年はほとんど部室に足を踏み入れていないので,初めましての方は初めまして.
今回は,『東方の書籍作品を読み返す』ということで,出てからそれなりに時間が経った東方の原作書籍を改めて読み返してみて,軽く紹介しつつ,気になった点や感想などを書いてみようと思いました.具体的には,『東方香霖堂』,『東方文花帖』,『東方三月精(第2部)』,『東方儚月抄』を読みました.本当はもっと読もうと思いましたが,やっぱり量が多いと思い断念しました.気づいたら沢山書籍が出ているものですね…….

 まず『東方香霖堂』です.この作品は,人間と妖怪のハーフにして道具屋『香霖堂』の店主,森近霖之助目線で語られる小説です.連載は2004年2月から始まっており,東方の小説としては初作品です.それだけに初出の設定やネタが多く,幻想郷と現実世界の関係や人間と妖怪のバランスなど東方世界の根幹を成す設定や,霊夢の服を直す霖之助やら魔理沙の実家の話など霊夢・魔理沙の掘り下げの描写もあり興味深いです. win版初期作品にある人を食ったような会話や,霖之助のトンデモ論も楽しめます.挿絵はお馴染み,唖采弦二さんです.フルカラーの少女感溢れる幻想的な絵柄もいいですが,小説中の挿絵もユーモアあり可愛さありで素晴らしいです.すまん.最近の作品にも関わる話としては,茨歌仙でも出..