サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

奈良県のその他団体が書いた2019年12月のブログ一覧

2020.1.26 語るつどいのお知らせ

子どもたちお楽しみのクリスマスも終わりましたね。

当日は朝から遊びたくて
バンビーに行きたがらない子も多かったのでは?

それを見越して、
土日に合わせて早めに来るサンタさんも
最近は多いみたいですね。


さて、そろそろ年の瀬、
鬼に笑われるかもしれませんが、来年のお話です。

毎年1~2月に行っているイベント
語るつどいを行います。

1月26日(日)9:30~12:00
西部公民館6Fです。

みなさんのお手元にもチラシが届いているかと思いますが
今年は原則ネット申込制にしています。

QRコードを読み取るか、ここからお願いします。
必ずバンビー名 (今通ってない場合は小学校名)も書いてください。
https://www.kokuchpro.com/event/katatsudo/

すごーく簡単です。
キャンセルもすぐできますし
気になる方はとりあえず申し込んで
席だけ確保しておいてくださいね。

今年の大人企画は
食育がテーマの講演会。

毎日忙しいから
なかなか食育なんて余裕がないと思いがちですが
実はこんなことでも食育になるんだ・・・と
目からウロコかもしれません。

帝塚山大学の岩橋明子先生にお話いただきます。

子ども企画は
今年はフラフープ!

あの腰で回すおもちゃでしょ・・・なんて、とんでもない!
フラフープはパフォーマンスできる道具なんです✨

パフォーマンスチームのFlowF..

きみです。

みなさん、奈良市の学童保育である「バンビーホーム」って
実質定員がないのはご存知ですか?

他の地域の学童保育では定員があったり、待機児童がいることもあります。
小学校3年生までというところもまだ
多いです。

奈良市のバンビーホームは小学6年生まで通えますし、定員もないので申し込めば入所できるという点でとても恵まれています。


でも奈良市も
他は大変ね、で済ましている場合では
なくなってきています。

下手すると定員制度ができ、
待機児童ができるかもしれないのです。


ありがたいことに、
施設は増改築を進めていただいていますが
バンビーに通う児童が増える中で
支援員は年々足りなくなっています。

学生バイトは卒業後は他の仕事に行く、
支援員が定年退職してしまう、
募集しても応募がない・・・


理由は様々だと思いますが
仕事を選ぶ上で年収というのは
やはり大きいですよね。


実は来年から
大きな法改正があります。

「会計年度任用職員制度」と言います。


簡単に言うと
非正規雇用の地方公務員の
処遇を改善・明確化するものですが

支援員さんは奈良市に雇われている
非常勤嘱託職員と臨時職員なので
ばっちり今回の対象者となります。


今回のポイントのひとつが期末手当、
つまりボーナスを支給できるようになること。
..