サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

北海道エリアのその他団体が書いた2019年8月のブログ一覧

8月11日放送
「天無 神人(アマミカムイ)さんによる、お盆の過ごし方と、ご先祖の霊への接し方」
http://ra-ha.jp/archive19/0811amami.html


日本各地で『お盆』の風習は異なりますが、最近は、お盆やお墓参りなどをまったく行わないご家庭も増えてきています。
まったく行わないことについて気にしている方に、どうしたらよいかを天無先生が教えてくださいました。

『お墓参り』以前に、父方、あるいは母方のお墓がどこにあるかわからないという方もおられるでしょう。

中には、兄弟同士や親族同士がもめていて、個人的には『お墓参り』に行きたいけれど、他の家族が怒るというご事情の方や、単に伝統的な行事に無頓着なご家庭もあります。
理由はそれぞれです。

『お盆』の風習も、先祖代々しっかりと受け継いでいるご家庭は、形式的に覚えていることですが、そうでないご家庭の方は、ご先祖にお礼をしたい、想いをお伝えしたいと思っても、どこから何をすればよいのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

仏教でいえば宗派が色々あるため、親が改宗したり、結婚して宗教が変わったりすることもあります。
都会のマンションに引っ越して田舎の仏壇を引き払い、以前のお寺さんに行かなくなってしまったという方もいらっしゃいます。
そうすると、どうやってご先祖に接したらいいのでしょう..

「Miyako Island 100万人プロジェクト」にご参加下さい!

みつばちハニーさんと繋がった「宮古島のジンカムさん」(ヤビジツアーでお世話になった)と天無神人の三名は一心同体となり、北海道、八ヶ岳、宮古島を愛で繋ぎ、世界へ地球を救う活動を発信します!

まずは、あなたも「Miyako Island 100万人プロジェクト」にご参加下さい!


<ジンカムさんのメッセージ>

宮古島より地球🌏再生を!始動します!

コンセプトは、宮古島は2018年、年間観光客来島数が100万人を達成!

2019年度7月からの下地空港国際線開路し、また海外からのクルーズ船のバースが完成まじかで、今年は海外からのクルーズ船が週5日間入る予定となり来年からは更に増える予定となってます。

そこでまず宮古島に住む全ての人への環境保護への更なる意識づけと行動! に移してもらうことから始め国内外から来島される観光客に環境保護に関する更なる意識付と環境にいい商品を紹介し、ご自宅に持って帰ってもらい、ご自宅周辺で環境保護に対する意識の輪を地元でも広げてもらえるよにし世界中にその輪を広げていくことが目的!

大切なのは意識を変えるだけで世界は変わります。

「宮古島に旅行に行ったことがきっかけで環境問題への意識が高くなり地球再生の為に行動に移してもらう」という流れを作ることを目的としています。

まず宮古島に住んでる私たち大人が、子供たちに残せる美しく幸せ..

命を育むもの、行方知れず。
神を知るもの、心知らず。

思い無くして、命をつなぐことなどできません。
優しさを愛だと思う方が、多すぎます。

命を生き抜く辛さを、強さを教えなければ命は続きません。
人の命は続いていきません。

自分だけが幸せになろうと思うのは、人間だけでございます。

人間以外のものは皆、自分の命と皆の命が共に繋がっていることを魂で知っているからこそ、誰かに命を奪われても、その魂はまた再生し繋がることを学んでおりまする。

人間だけがなぜか、命の繋がりの方が大切だと思い、自分の命だけに執着し、こと愚かなことばかりにお金と時間と能力を使い過ぎておりまする。

ならば、その分、「自分だけ」という生き方を選ぶことを教えれば、その自分だけの根底、欲求の最後は、自分が無くなることがゴールなのだと気づくと思いまする。

自分と他の者の繋がりを本当に知っているものは、今このある、生きている時間の中で、自分があるのは皆のおかげさま、また、自分の周りにいる存在全てが自分の為であり、皆の為になることを心の底から魂が学んでおりまする。

なぜか、その大切な学びを忘れ、誰かの愚かな学びを信じ、ここまでやってきた時代ももうまもなく終わらねば、自分だけ自分だけと、富も時間もエネルギーも、食べ物もあらゆる生命も奪い尽くしたあと、何も無くなると..