サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

関東エリアの文化&ボランティア団体が書いたブログ一覧

こんにちは。みずきっこです♪

6月第2週以降の最新情報のご連絡です。
オンライン親子ひろばの詳細内容や、
6月1日から営業再開された「やさい食堂七福」さんが8日(月)からスタートする「お弁当の注文販売」について記載しています。

オンラインひろばでは、来週からの開館に向けて、0123吉祥寺・おもちゃのぐるりんがゲスト出演してくださる他、大好評だったMMM(むさしのママ’sミュージック)のオンラインコンサートや、むさしのふたごサークルチェリーズとの共同企画もあり今週はとても盛沢山です。
是非ご一読ください♪

━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【1.みずきっこ6月第2週のイベント】 
━━━━━━━━━━━━━━━━ 

《オンライン親子ひろば11:00~》
 ■6月9日  むさしのふたごサークルチェリーズと共催
多胎児やご兄弟でもみんなで楽しめる工夫をして、ひろばを開催します♪
「HelloEnglish」「音楽で遊ぼう」「生け花」「工作発表(キットは事前配布)」を予定
 ■6月11日 0123吉祥寺がゲストに登場  
「0123吉祥寺」「大野田福祉の会」「手形足型制作発表(キットは事前配布)」予定 
 ■6月12日 0歳ひろばオンライン
「出張!おもちゃのぐるりん」「わらべうた」「ベビマ」予定 
 ■6月13日 Collabono 吉祥寺北コミセンおやこひろば
「MMMコンサート」予定

《工作キット..

【始動!】「WEB小説作家さんに、手書きの感想文を送り付けたらどうなるか」企画

ブログをご覧の皆さん!
おはようございます、こんにちは、こんばんは! 万年筆文芸部員のゆきと申します!!
新型ウイルスのおかげで毎日家に閉じこもっているおかげで、万年筆文芸部の活動がはかどりすぎて、楽しい日々を送っております♪
そんな私が、今回
 【「WEB小説作家さんに、手書きの感想文を送り付けたらどうなるか」企画】
を行いました結果、思ったよりも皆さん楽しく受け止めてくださったので、その企画のレポート記事をお送りしたいと思います!!


■ことの経緯は……。
私ゆきは、万年筆文芸部立ち上げから現在まで約2年ほど所属しておりますが、”WEB小説”という文化に全く触れてきませんでした。
万年筆文芸部員のかたは、当然小説が好きなかたが多く、ラノベ系統の作品やWEB小説を読んでいることも多かったのですが、私はまだまだその辺りに疎く……(汗)
そのため、せっかく万年筆文芸部でWEB小説書いてる人もいるし、勉強がてらWEB小説を読むため
「#RTした人の小説を読みにいく」
というタグで、万年筆で手書き感想を書く相手を募集してみました!!

結果、めちゃくちゃこの企画が面白かったので、たぶんまたやると思います!!
というわけで、 

 祝!第一回目!【「WEB小説作家さんに、手書きの感想文を送り付けたらどうなるか」企画】

の感想とともにレポート記事&独断と偏見で好き..

こんにちは。みずきっこの加藤です。
自粛解除後はじめての週末。皆様いかがお過ごしでしたか。

━━━━━━━━━━━━━━━━
【1.みずきっこ6月のイベント】
━━━━━━━━━━━━━━━━
5月の自粛中は、オンライン親子ひろばへのたくさんのご参加ありがとうございました。最終日は役50組100名の参加があり、懐かしい方の顔や初めましての可愛い親子の顔がたくさん見られました。
▶みんなの声
https://ameblo.jp/sunnymama-musashino/entry-12598421470.html
さて、自粛解除をうけ今までとは違う新しい日常が始まり、来月中旬からは開所する施設もでてきます。ただ、みずきっこは6月中はまだ開所しない予定です。
その代わり6月の「オンライン親子ひろば」では新しい企画①②もまじえながら、下記3つの活動をを実施します♪

☆……………………………………☆
①工作キット配布とオンラインの連動イベント
☆……………………………………☆
みずきっこにお越しいただいて工作キットを直接お渡しする日を設けます。
ご自宅に持ち帰った工作キットで作った作品は「オンライン親子ひろば」開催中に「工作発表!」タイムがある日がありますので、作品を発表し合ったりアドバイスをもらい完成させたりしましょう♪

●工作キット配布 11:00~12:00●
※キット受け取りには下記申込フォームからの事前予約が必要です。
6月1日 工作キット・手形足型キット配布   
6月..

5月の月例シェア会&目安箱づくりを開催しました。

5月の月例シェア会議を19日に開催しました。メンバー6人、見学者4人の出席で、今回もZoomを利用したビデオ会議を1時間ほど行ないました。

福祉施設への相談件数は減っているようですが、家族の力が弱いところは困っているという話もありました。また、放課後デイサービスなどは、行政からの要請もあって営業をしていますが、家庭との両立に苦しいんでいるスタッフも多いようです。

今回参加してくださったスペースナナさんでは、先週から週に2回オープンし、電話相談を受け始め、コロナ関係の相談窓口や、家族や仕事などさまざまな支援団体のリストを整理しているそうです。

今後は深刻な問題もさらに増えることが予想され、様々な相談の受け皿になろうとしているまち相の今後の体制についても検討が必要です。

また、26日には、メンバーの「エスニカ」田原さんの工房で目安箱を製作しました。
(田原さん指導のもと、ドリルで穴を開けたり、熱で折り曲げたり、初めてのDIY)

今回完成した目安箱は12個。メンバーの拠点や、ご協力いただける施設に設置していきます。

さっそく、あおば地域活動ホームすてっぷ(青葉台地域ケアプラザと併設)さんに設置していただきました!

まち相では、皆さんの困りごとを3つの方法で受け付けています。

・目安箱(連絡先等、個人情報を含まない内容に限ります)
・LINE
..