サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

ブログ一覧

かなり遅いご報告とお礼になりまして申し訳ありません。

「ぷちアミーゴのためのおんがくかい」を7月3日(月)に終えました。 かなり蒸し暑い天気のなか、予想をはるかに超えるお客様にお越しいただき、ありがとうございました。そして、会場が狭くてたいへん申し訳ありませんでした。

およそ半年前から準備してきましたが、曲の難しさに心が折れたり、意思の疎通がうまくいかないためのちょっとした誤解が生じたりと、ひとつの本番を迎えることはこんなにたいへんなことなんだな、と団員全員が感じたことと思います。
でも、そうやって作り上げてきた苦労は全部、本番のお客様の笑顔を見て吹き飛びました♪ 当日の朝まで、少しでもより良いステージを、と頑張ってきたかいがありました。

入団して日の浅い二人が今回のコンサートリーダーを引き受けてくれました。幼稚園にあがる前の子の育児をしながらのリーダーの仕事は、ほんとにたいへんだったと思います。おつかれさまでした。

アミーゴは、小さい吹奏楽団なので「できる人ができることを」をモットーに、リーダーを中心として全員でコンサートを作り上げています。
お客様に喜んでいただけることがわたしたちの最大の喜びでやりがいです。これからもどうかアミーゴを応援していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、お忙しいなか..

今日は小中学校が終業式で団員が少なかったので輪になって練習しました。

前半は童謡メドレーを、部分部分確認しながら練習し、最後に一度通しました。

個人的にはこの曲をおとのわで演奏するのは始めてでしたが、中学生の時にやったことがあるのでなんとなく覚えていました。

最近新しく練習した曲はなかなか覚えられないのに、昔やった曲は体が覚えていて不思議です。

いぬのおまわりさん、おつかいありさん、森のくまさんなどかわいらしい曲のメドレーですが、実はリズムがややこしかったりテンポがいろいろ変わったりするので、記憶に頼らず今一度しっかりと譜読みをしなくてはと思いました。

後半は、そろそろ仕上げていきたい勇気100%、さんぽ、夢をかなえてを練習しました。

少ない人数だったので、うっかり落ちるとすっぽり穴が空いてしまうので緊張感がありました。

まだまだ譜面にかじりついているので、余裕を持って他の音を聴けるようになりたいと思います。


これから夏休みに入り、小学生、中学生のママさんは大変なようです。
「もう練習付いてきてくれへんしなー」
という会話を聞いて、
合奏中に子どもによじ登られたりピストン押されたりするのも今のうちだなあと思いました。

珍しい「提灯屋台」!!

 昔、豊作に感謝することで高浜神社の秋祭りで祭りを盛り上げるため派手な飾りつけをして各町から献灯したようです。
 下のお祭りの写真をみると、各町の提灯屋台が高浜神社の鳥居を潜り本殿前に並べられていたようです。いまでは提灯屋台がお祭りに出されることはなく沿道の露店も昔はびっしり並んでいましたが、今はチラホラ数件だけの寂しいお祭りとなっています。


昔は各町にあった提灯屋台ですが、今では現存するものがほとんど無くなっています。写真は神境町の提灯屋台ですが、中央にお神酒と御幣があり両サイドに神境町の提灯が一基ずつ、その外側に御神燈の提灯が三基ずつ並んでいます。
両サイドの柱に沿ってロープがありロープを緩めて提灯をおろしてローソクを交換して交換が終わるとロープを手繰ってまた提灯を上げていたそうです。
よく見ると提灯に書かれている文字の書体が独特の書体が使われています。


市政70周年を記念して神境町のサマーフェスティバルで町の長老に組立方法を教えてもらい、久々に倉庫から姿を現した提灯屋台、当時の市長にも出席願い盛大に市政70周年記念のサマーフェスティバルを祝うことが出来ました。
町の長老も手書きの部品図を作っておられて何番の部品が何番の部品のどこに付く等、図解した組立表を作っておられたのにはビックリでした。


先日、某サークルの資料..