サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

ブログ一覧

■日時:7/17(月)19:30~21:00
■場所:成小

土曜日と月曜日は3連休でしたが,通常練習でした.

対角からの長めのスパイクをレシーブして,ハーフからツートスを上げる練習ですが,スタート位置にボールを置いて,触ってから(膝を曲げて腰を低くしてから)レシーブに入る.ツートスを上げる人も,ボールに触ってからスタートする.
レシーブする時の腰が高いからということだと思います.

アタック練習ではボールを空中でキャッチする基本練習をやりました.
これは、踏み切り位置が入りすぎて,打つときにかぶってしまう事を防ぐように意識しながら.
ボールを打つ瞬間に前で捉えると視界が良くなると思うんです.
相手ブロッカーやレシーバーも見えるようになると思う.
かぶりすぎてしまうと,強いスパイクが打てないのもそうなのですが,視界が上を向いてしまって、相手の位置が見えなくなると思う.
いまはそういう,空中での良いイメージを持つことと,それを実現させるためにタイミングを合わせるように練習できたらいいなと思います.

個人的な事なんですが,ビデオを見てて,自分がツートスしたあと腕が伸びていない事がわかり,練習で修正したら,前よりも良くなりました.
フォロースルー(バスケではシュートした後,腕を伸ばして指先までの形をしっかり残す事をこう言いますがバレーもこの用語は使うの..