サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

東京都の団体が書いたブログ一覧

紙谷先生の就任

春日氏の後任については、斎藤秀雄門下の指揮者で、当時は東京都中学校吹奏楽連盟の理事長の職にあった村方千之氏に相談したところ、斎藤秀雄指揮教室の助教を務める紙谷一衞氏が紹介され、巽久(元楽団理事長、元東京都職場吹奏楽連盟理事長)、大和田正(元楽団理事長・名誉団員)の両名が自宅を訪ね、「立派な楽団にしてほしいとは申しません。立派な吹奏楽団にするための下地を作りますから、最低10年は指導して下さい。」と指揮者就任を要請しました。
昭和38年10月、紙谷氏が郵政省の技術嘱託として採用され郵政中央吹奏楽団の指揮者に就任すると、翌年6月には早速、新宿厚生年金会館小ホールにおいて一般の方を対象とした第1回演奏会が開催されました。これは、それまでの演奏の機会の多くが郵政部内に限られていたことを考えると極めて大きな転換でありました。
更に、昭和40年には第5回東京都吹奏楽コンクールに出場し、自由曲「キージェ中尉」(プロコフィエフ/紙谷一衞編曲)を演奏し第2位に入賞。翌昭和41年には第1位を獲得し、宮城県民会館で行われた第14回全日本吹奏楽コンクールに出場しました。この時の自由曲も「バレエ組曲 牝鹿」(プーランク/紙谷一衞編曲)を取り上げるなど、既に吹奏楽の枠を超えた取り組みが始められていました。
以降、紙谷氏の数多くの楽団のための編曲作品と指揮によ..

日時:2020年6月14日(日) 16時~17時
場所:三鷹
内容:テニス(1コート)
参加者:5名
参加費:1200円(コート・ボール代)

*

緊急事態宣言が解除されて、テニス活動再開です。
梅雨に入り、雨の心配もありましたが無事に開催できました。

今回は、いつも利用している都営コートが、コロナ影響で6/14まで利用休止。
その為、私営コートを探してなんとか1コート1時間だけ確保。
みなさん自粛していたので、テニス再開するには1時間だけでも丁度良かったなと思います。

施設側のルールにより、1コート6名までとなっていました。
テニスの時は、他のグループもそうでしたがマスクは着用していません。
トイレ以外は全部使用中止になっていたので、みなさんテニスの格好で集合しました。

1時間しかないので、最初はストロークや球出し、サーブの練習しました。
その後、ゲームに近い練習をして、ダブルスゲーム行いました。
久しぶりだったので、いつもの調子でない方が大半でしたが、体動かした事でスッキリしたと話していましたね。
テニス後は、マスク着用して手洗い。施設側もハンドソープ置いてありました。

テニス後は、食事しました。
幹事が予め下見して、空いてるとこを選びました。
お店もコロナ対策で、消毒液など置いてありましたね。
案の定、夕方の時間帯から入..