サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

大分県の団体が書いたブログ一覧

第13回演奏会「故郷」

【題名】第13回演奏会「故郷」
【日時】2018年5月27日(日) 14:00開演
【会場】iichiko音の泉ホール
【指揮】吉浦 勝喜(元九州交響楽団)
【客演】鶴田 しほ美(ハープ)
【演目】
◆「ホルベアの時代から」(グリーグ)
◆管楽セレナード(ドヴォルザーク)
◆交響詩「わが祖国」より『高い城』『モルダウ』『ボヘミアの森と草原から』(スメタナ)


◇以前よりお招きしたいと考えていた吉浦先生に指揮をお願いしてのコンサート。随所で笑いを取りながらのリハもテンポ良く、また全楽曲を九響等で演奏された時の体験談などをお話いただき、出演者もそれを自分の体験談の様に取り込んでいった様子が印象的でした。
 公演本番もダイナミクスやメリハリなど指示の徹底された演奏ができ、また各曲の前にナレーションいただいた効果が「イメージが思い浮かびやすい」とお客様からも好評を頂きました。「我が祖国」でも楽曲間でスクリーンに画像を提示し、その残像のもとで風景に寄り添う様な演奏ができた感がありました。
 ゲスト・ハープとしてお招きした鶴田氏の演奏は絶品でお客様からも「酔いしれた」とのお声を頂きました。アンコールでは「花のワルツ」での独奏もお楽しみ頂きました。吉浦先生、鶴田さん、司会の高野さん、メンバーの皆さん、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

第12回演奏会「感謝」

【日時】2017年6月3日(土)
【会場】iichiko音の泉ホール
【指揮】藏野 雅彦
【独奏】朝来 桂一(ヴァイオリン兼ゲストコンサートマスター)
【演目】
◆13管楽器のためのセレナーデ「グランパルティータ」(モーツァルト)
◆ヴァイオリン協奏曲(チャイコフスキー)
◆交響曲第9番「新世界より」(ドヴォルザーク)


◇関西で大人気の指揮者:藏野雅彦先生をお迎えしての演奏会。前プロは以前から候補に挙がり続けていたモーツァルトのグランパルティータを演奏しました。バセットホルンは関西よりお借りし、できるだけ原曲編成に近い形での演奏を目指しました。
 藏野先生はリハで巧みにチェコなどの情景等を多く語られ、メンバーに風景や目指すイメージの定着を図って下さりました。この練習を通してメンバーはチェコやドヴォルザークに興味が深まっていったのでした(藏野先生にはエイプリルフール用の動画にまでご出演頂きました・・・)。
 「第15回記念演奏会で是非」との朝来さんとオケの約束を反故にし(笑)、回を前倒しにして今回チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を選曲しました。朝来さんのとても美しい音色に心を奪われリハでは落ちる(演奏に入るべきところで入れないこと)メンバーも続出しましたが、公演では聴き入りすぎずに「一緒に創り上げる」との意識をもって演奏に取り組むことができました。
..

第11回演奏回「田園」

【題名】大分チェンバーオーケストラ第11回演奏会「田園」
【日時】2016年10月29日(土) 18:00開演
【会場】iichiko音の泉ホール
【指揮】森口真司(大分県立芸術文化短期大学准教授)
【客演】藤山佳織(コンサートマスター 大分県立芸術緑丘高校非常勤講師)、穴見祥子(アルトサックス)
【演目】
◆「コリオラン」序曲(ベートーヴェン)
◆「アルルの女」第2組曲(ビゼー)
◆交響曲第6番「田園」(ベートーヴェン)


◇大分在住で大分県立芸短大ご勤務の森口先生・・・これ程までに近い距離にいらっしゃりながら先生は全国区で大人気でいらっしゃるため週末はほとんど先約が入っており、第11回にしてようやく指揮をお引き受けいただけた次第です。お引き受けいただいた際は飛び上がって喜びました。
 コリオランは昔第九演奏会の前プロとして準備していましたが諸事情で「流れた」ままになっていました。今回メンバーはそのリベンジを果たすことができた様で良かったです。アルルの女は当オケとしては珍しくフランスの作曲家の作品を取り上げました。「田園」「牧歌的」つながりからの選曲でした。チェンバーオケにサックスが入るのも初めての機会、穴見先生のサックスの美しい音色がオケもホールも客席も潤して下さいました。
 メインの田園はチェンバー得意の「勢い」だけでは太刀打ちできない曲で、随分と緻密さが要求..

第10回記念演奏会「新緑」~break through~

【題名】大分チェンバーオーケストラ第10回記念演奏会「新緑」~break through~
【日時】2016年5月29日(日) 14:00開演
【会場】iichiko音の泉ホール
【指揮】寺岡清高(大阪交響楽団常任指揮者、ウィーン在住)
【ゲストコンサートマスター】朝来桂一(大分市出身ヴァイオリニスト)
【演目】
◆R.シュトラウス 13管楽器のためのセレナーデ
◆シベリウス アンダンテ・フェスティーヴォ(弦楽合奏)
◆ブラームス 「悲劇的序曲」
◆ブラームス 交響曲第1番


◆時が経つのは早いものでチェンバーの演奏会も第10回という節目を迎えました。今回はウィーン在住の寺岡先生をお迎えしての演奏会、演目に関しても寺岡先生と協議を重ね、チェンバーのカラーを残しつつ記念演奏会に相応しいプログラムとなりました。
 オープニングは金管セクションのファンファーレ。勇壮に幕開けすることができました。管楽合奏はR.シュトラウスを演奏。オケとして演奏経験のある楽曲でしたが、メンバーの新旧交代や指揮者の違いなどから前回とは趣の異なった演奏をすることができました。弦楽合奏はシベリウス。「フェスティーヴォ」はイタリア語で「祝祭的な」という意味で今回の記念演奏会に相応しい選曲で、とても綺麗な演奏でした。
 金管→木管→弦楽合奏と演奏した後で前半最後のプログラムはオーケストラとなり「悲劇的序曲」を演奏しました。..