サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

スポーツ団体が書いた2018年7月のブログ一覧

7月練習会&懇親会の報告

日時:7月29日(日)
場所:目黒川沿い
参加人数:12人(懇親会:11人)
練習担当:いっしー、かおりん、なお

酷暑の続く暑い夏でも涼しげな雰囲気の目黒川沿いで実施しました。台風の影響が懸念されていましたが、ラン開始の頃には天気が回復しすぎ?て夏らしい練習会となりました。
今回は体験の方1名参加頂き、そして会員になって下さいました‼︎嬉しいです(^^)

自己紹介と体操は、目黒天空庭園で行いました。ビル9Fの高さにある庭園には、さまざまな植物や畑もあり、見晴らしも抜群です。(この時は残念ながら小雨でしたが…)
体操の後は散策をしながら下りて、今度はランステ代わりにさせて頂いたレトロな銭湯『文化浴泉』へ。
練習は池尻大橋〜中目黒駅付近を目黒川沿いに往復して走るおよそ3kmコース。個人のペースと体調に合わせて、1.5-3往復ほど走りました。

懇親会は池尻大橋駅すぐの所にある中華料理店C-MEN-HANで行いました。そこでは、会員さんお一人がこれから海外のすごい大会へ挑戦し、自然走を世界にアピールしてきてくれるという話題にも盛り上がりました!様々な大会のお話を聞けるのも、楽しみのひとつですよね。応援しています!

夏の予定で忙しく、台風の心配もあった中でしたが、お集まり頂いたみなさんのおかげで開催できました。暑いのに走ったぞ!という達成感も得ることができました。あ..

スヌーカー その2

初めてスヌーカーを体験しました。
以前ブログで紹介した通り、中国ではスヌーカーがとても盛んです。世界的に有名な中国人のスヌーカープレイヤーが活躍しているのもその理由だと思います。
他人がプレイするのを見ていると、台の大きさはポケットビリヤード台の1.5倍ほど大きく、その上球は一回り小さく、ポケットの大きさも小さめで、本当に難しそうだと感じていました。

実際にプレイしてみると想像以上の難しさです。個人的にポケットビリヤードとの大きな違いを何点か抜粋してみました。
①テーブルの大きさだけでなく、スヌーカー台は高さも高いため、遠い球が届きにくいです。
②ラシャ(テーブルクロス)が起毛しているタイプで、ゴルフのグリーンの芝のような「目」があって、球の転がる速さが異なります。
③使用するキュー先の形状が違います。球の大きさが違うので、スヌーカー用のキュー先は細くなっています。
④ポケットの形状が違います。開口部が丸まっているため、ここに当たった球は外へ弾かれるようになっています。的球がクッションにくっ付いたレールショットはほぼ入りません。
右がスヌーカー台のポケット

当たり前のことですが、上手な人を見るとバックスイングからフォロースルー迷いの無いストロークで球を撞いています。球が小さく距離が長い分、正しいストロークが出来ていないと手球は真っ直..

セブンリーグ第9戦 石東小戦

異例なルートの台風が去ったこの日、学田公園で石神井東小と対戦いたしました。強豪撃破に向け12人が集まり、H14さんの奥様が応援に駆け付けてくださいました。

この日のバッテリーはY21さんとT57さんの現役コンビ。相手はビシバシ投げ込んでくる本格派揃いでしたが(3人全員豪速球)、こちらも緩急をうまく織り交ぜながら着実に打ち取り、3回まで0-0とお互い一歩も譲らない試合展開となりました。

好投を続けるY21さんを援護するためにも、何とか先制点が欲しいところでしたが、4回表も3人で攻撃を終えてしまいます。。。

そんな流れの中、ポイントとなったのが4回裏でした。長打・単打のほか、エラーも重なりあっという間に10点を失ってしまいました。。。

5回裏、O17さんがリリーフ登板し0点に抑えましたが、6回表も無失点。6回裏、再び3点を献上し万事休す。ヒットも最終回にH25さんが放った1本に抑えられ、0-13で悔しい敗戦となりました。

ただし、時間内に7回まで戦ったことや、四死球が殆どない等、得られるところも多い試合だったと思います。

次回は8月19日、定例練習です。後半戦に向けて、攻め方・守り方、それぞれテーマを絞り集中した練習で汗を流しましょう!

~本日のMIP~
今回のMIPは・・・
Y16さんの【5回表、ナイスバッティングも悔しさ溢れるライトゴロ】です。芯で捕らえた素晴らし..