サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

2018年7月のブログ一覧

『炭水化物』


 去年も述べたようなぁ~…。述べないようなぁ~…。一年前の記憶が無くなる今日この頃…。(T3T)
 Cervoのことではないのですが先週の話。毎年のように兼任しているチームの合宿に帯同し続けて、もう何年になるだろう…。1~6年生まで幅広く、男の子や女の子と毎年、違った雰囲気で楽しませて頂いておりますが、今年は40名近くが参加!例年、変わらないのが、食事。毎年、同じメニューですが、子供達が食べない!食べ切らない!
 晩御飯のメニューは、鳥のから揚げ、ハンバーグ、エビフライ、ポテト、サラダ、デザート、スープ、ごはん!1年~6年生と年齢に幅があるので、さすがに1年生が6年生の量を食すのは、難しいですが、5・6年生!残さず食べよう!全員が全員ではないですけどね。自分本位な考えですけど、このメニューの内容ですと、私はテンション上がって逆に食べ過ぎてしまいますけどね!(笑) もう、3・4年生は全員と言っていいほど残す…。マヨネーズ&ケチャップがすでに盛ってあるのですが、ちょっとでもおかずに着いてしまうと無理!とか…。今回、過去にも、場の雰囲気的に飲まれて初参加の子とかは食事中、吐いてしまう子も…。こうなってしまうと無理に食べろ!とは、言えないですね…。食事の指導は本当に難しいと思います。近年はアレルギー等の配慮もかなり必要ですし。ただ、個人的には、食べれる量は個..

スヌーカー その2

初めてスヌーカーを体験しました。
以前ブログで紹介した通り、中国ではスヌーカーがとても盛んです。世界的に有名な中国人のスヌーカープレイヤーが活躍しているのもその理由だと思います。
他人がプレイするのを見ていると、台の大きさはポケットビリヤード台の1.5倍ほど大きく、その上球は一回り小さく、ポケットの大きさも小さめで、本当に難しそうだと感じていました。

実際にプレイしてみると想像以上の難しさです。個人的にポケットビリヤードとの大きな違いを何点か抜粋してみました。
①テーブルの大きさだけでなく、スヌーカー台は高さも高いため、遠い球が届きにくいです。
②ラシャ(テーブルクロス)が起毛しているタイプで、ゴルフのグリーンの芝のような「目」があって、球の転がる速さが異なります。
③使用するキュー先の形状が違います。球の大きさが違うので、スヌーカー用のキュー先は細くなっています。
④ポケットの形状が違います。開口部が丸まっているため、ここに当たった球は外へ弾かれるようになっています。的球がクッションにくっ付いたレールショットはほぼ入りません。
右がスヌーカー台のポケット

当たり前のことですが、上手な人を見るとバックスイングからフォロースルー迷いの無いストロークで球を撞いています。球が小さく距離が長い分、正しいストロークが出来ていないと手球は真っ直..