サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

文化&ボランティア団体が書いた2019年6月のブログ一覧

わくわくファミリーコンサート(その⑤)

巨大バルーンで盛り上がった後は出演者に感謝の花束贈呈です。大役を引き受けてくれた二人、緊張してたけど立派に花束を渡せたね。とっても偉かったです!

アンコールはEテレでおなじみのパプリカを合同演奏していただき、みんなで踊りました。吉原工業のボランティアのお兄さん達も大きな手拍子で盛り上げてくれて、子供司会の2人とぽっぺんの関さんの3人でキレキレダンスを踊ると、会場からたくさんの方が最前列に出てきてくれて、みんなで一緒に楽しく踊りました。
障害があってもなくても、大人でも子供でも、老若男女問わず、音楽を通じて楽しい時間を共有できました。
私たちが望む地域社会との交流が実現した瞬間でした。

ありがたいことに、協賛企業様から協賛品を頂いたので、お帰りの際のお土産にさせて頂きました。たくさんの企業、福祉事業所のご協賛、ご協力を承り、本当にありがとうございございました。
今回、初めての試みでしたが、たくさんの方のご協力のおかげで大大大成功を収めることができ、富士ぶどうの会一同大変感謝しております。
みなさんの笑顔で帰る姿を見て、開催して良かったと実感し、それが私たちの励みになります。
これからも様々な活動を通して地域社会と共存していきたいと思います。
この度は、本当にありがとうございました。

【報告】英和・和英辞典を横浜中里学園へお届け【完了】


4月末から5月上旬にかけて皆様に相談し、ご協力をいただいておりました、学習支援のための英和・和英辞書のご提供に関しまして、無事お届けが完了しましたことを報告いたします。ご相談を頂いていましたのは、横浜中里学園さんでした。横浜中里学園は、児童養護施設。概ね2歳〜18歳までの、様々な理由で養護が必要となった子ども達を預かり、育てる施設です。

定員が45名で、現在41名の子どもたちが利用するなか、「英語の辞書が1冊しか無くて困っている」というご相談が発端でした。「中古でも構わない」ので、子どもたちのために何とか辞書を譲ってもらえる方法はないかとご相談をいただき、私たち「まちの相談所ネットワーク(まち相青葉)」の仲間たちが協力し、ご提供のお願いをさせていただきました。

結果的に、新品で10冊、中古で11冊の、合計21冊ものご提供をいただきました。ご提供いただいてから、なかなか先方との都合が合わずお届け出来ずにいましたが、ようやく本日(6/18)横浜中里学園を訪問し、園長、副園長や、ご相談を仲介してくださった方々と面会し、辞書をお渡しさせていただきました。

地域の皆様から寄せられたご厚意、善意に、園の皆様は大変感謝されていました。頂いた辞書を使って、子どもたちが一生懸命英語を学んで、国内外で活躍できる機会を得られるようになってほしいなと思います。辞書を..