サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

東京都の団体が書いた2019年7月のブログ一覧

立山・薬師岳 テント泊縦走

1.実行程
7/24(水)22:30発 室堂行き高速バス
7/25(木)7:00着 室堂→雷鳥沢キャンプ場(荷物デポ)10:00発→一ノ越→雄山→大汝山→富士ノ折立→大走り→雷鳥沢キャンプ場で、Sさん合流。みんなで夕食→雷鳥沢ヒュッテで日帰り入浴/泊 (CT:7.0時間)
7/26(金)雷鳥沢キャンプ場(05:30)→室堂→室堂山→龍王岳→獅子岳→ザラ峠→五色ヶ原キャンプ場(CT:8.5時間)
7/27(土)五色ヶ原(5:00発→越中沢岳→スゴノ頭→スゴ乗越キャンプ場(CT:7.25時間)
7/28(日)スゴ乗越キャンプ場(5:17)→間山→北薬師岳→薬師岳→薬師峠キャンプ場(CT:7.25時間)
◎7/29(月)薬薬師峠キャンプ場(05:00発折立→タクシー→温泉(入浴)→タクシー→富山駅(CT:3.15時間)
CTには、休憩を含んだ時間を記載

2.主なエピソード
(1)7/25(木)
深夜バスを下車する、朝の陽光に照らされた雪渓を抱いた雄大な立山の山々が広がり、これから始まる縦走山行に期待が高まりました。玉殿湧水で、翌朝まで必要な水を3ℓほど調達し、各自のザックはこの山行の中で最重量20kg近くに!!キャンプ場までは、大汝山、雄山、富士の折立の立山三山を背景にミクリガ池を右手に見ながら、美しさに心躍らせながら進みました。テーブルが近くにある場所に3張テント設営。午後にテント場で集合するSさんに我らのテント場写真を送り、朝食をとってから、荷物デポして、立山三..

台風の影響の雨なのか? 普通の雨なのか?はわからないが、前日からの影響で、活動は中止かな?なんて思う事が、怒られちゃう位の太陽の光が、コートのコンデションを、良くしてくれた。

真夏のテニスで、一番キツいのは、気温の高さだが、侮れないのは、湿度。

先週も、今週も、湿度がきつい。

練習の方は、練習するのも大変だけど、練習をさせる方も大変。

前半は練習は、汗を流すという感じより吹き出す感じ。青木班は、練習したね。 遠藤班は、4時間練習に参加するメンバーが多いので、ゆっくり焦らず、物足りない位で、後半に突入ってかんじで。

夏場の練習対策は、サークルなりの準備はしているので、気をつけてはいる。休憩の際には、練習サークルなので、適度な休憩と水分と、その他などを考えている。

後半は、参加人数が、半分に減るので、合同練習だが、青木班のメンバーにお付き合いして貰って、遠藤班の打ち込み&ガチャガチャ練習。

向かっていく遠藤班が、青木の味つけで、頑張る感じで。

受ける台も、2時間、フルに頑張ってた。

後半は、太陽の日差しも無くなり、コートに吹く風が気持ち良かった。

同じ事を、繰り返しで行っているので、変化が欲しくなるのだが、基礎の上積みをする意味でも、後半は、遠藤班にも、青木班にも、良かったので無いかと思う。

口で説明して、理解しても..

いつも応援ありがとうございます。
7/28(日) U9 TMの結果です。

対戦チーム:大六フォンターナ
8人制 15分ハーフ

① 0-2(前半0-1/後半0-1)

② 4-2(前半1-0/後半3-2)
得点:アツキ、ユウゴ、
   ソウケ、リョウヤ(PK)
アシスト:アキヒコ

3年生、久しぶりの8人制ゲームでした。
1試合目は失点の場面以外、多くの時間を相手陣内へ攻め込む事が出来ていましたが、
シュートまで中々繋げられず、無得点に終わりました。

1試合目が終わって選手達に感想を聞くと、みんなから「大六、強くなってる…」という声が聞かれました。
大六とはこれまでもたくさん対戦をしていただいている中で、選手達は何となく余裕を
持って試合に臨んでしまった事が、そのまま結果に出てしまいました。
自分たちだけが成長しているのではなく、他のチームも同じようにもしくは自分たちよりもっと成長している事をみんなが実感しました。
2試合目は気を引き締め直し、チャンスをしっかり得点につなげる事が出来ました。

9月から始まるトーマス杯に向けて、2試合を通じて8人制のフィールドを広く使う事を意識してチャレンジしましたが、もっとうまくスペースを使えるよう周りを見る事から
しっかり取り組んでいきましょう。
チームとしてさらに成長していくためには、一人ひとりの成長が必要です。
今日みんなが気付いた通り、成長..

いつもありがとうございます、柳です。
本日のU11リーグ第2戦とTMの結果報告です。

vs大六フォンターナ 20分ハーフ
前半1-0
20分ヒロト
後半1-0
13分ソウシ

TM 15分ハーフ
前半4-0
ソウタ→カナト
ヒロト
カナト→ヒロト
カナト
後半0-4

試合開始早々から主導権を握り、ソウシとソウタが両サイドから何度もチャンスを作りゴールへ迫り、CKも前半だけで5回ありましたが、精度を欠いたシュートと相手ゴールキーパーのナイスセーブもあり、なかなかゴールを奪えませんでした。
逆にパントキックやクリアボールからカウンターでヒヤリとさせられるシーンも何回かありましたが、タダシの判断のいい飛び出しで1対1のピンチも防ぎ、カナトを中心にテイトとジョウタロウの両サイドバックも身体を張ったディフェンスとカバーリングで得点を許しません。
ロスタイムに入り0-0で前半を折り返すと思っていたところ…相手の攻撃でDFラインが上がっていたところへカナトが大きくクリアしたボールはDFラインの裏まで転がり、反応良くボールを追ったヒロトが快速を飛ばしてDFを振り切ってGKと1対1の大チャンスを作るとシュートはGKに1度は弾かれましたが、こぼれ球にもう1度素早く反応して再度押し込んで待望の先制ゴールを前半終了間際が決まりました‼️
暑さの中で疲れないサッカースタイルをとるため、前半よりも意識的に..