サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

神奈川県の団体が書いた2020年1月のブログ一覧

1月最後の活動は小山公民館で

おゆずり会でした👕👚✨

みんな着られなくなった子供服や
おもちゃや本,日用品などを持ち寄って
欲しい人がもらっていきます😊

おゆずり会は年に何回かしています!

うちの子はキーホルダーと鏡が気になったようです🤣
他にも色々頂いてきました!

終わりの方で子供たちはおやつタイム🍪

1月は私お当番でしたが
今回写真を撮るのすっかり忘れてしまいました😂
そんな時もあるよね😂

今日は体験さんもきてくださいました!
ありがとうございます!

来週は小山公民館の近くにある
向陽子供センターで『成長記録会』です✨
手形をとったりする予定です😊

モンキーズでは
🌸【春の入会キャンペーン】🌸を実施中です😍

モンキーズでは子供たちの怪我等を想定してスポーツ保険に入っているのですが、キャンペーン期間中に入会を決めて頂ければ保険代を相模原市が負担してくれるので無料になります。
活動日は毎週金曜日!見学、体験したい方はご連絡ください♫
詳しくはトップページの告知事項やブログをご覧ください💕


3月末までのキャンペーンになります。
是非遊びにいらしてくださいね!
上のお兄ちゃん、お姉ちゃんを一緒に連れてきても問題ありません👍

映画「風の電話」もう一度家族に会いたい

 先日、「風の電話」という映画をMOVIX橋本で観ました。


 その電話は、岩手県大槌町の三陸海岸を見下ろす丘に実在する私設の電話ボックスで、中にはどこにも繋がっていない黒電話とノートが置かれているそうです。

「風の電話は心で話します 静かに目を閉じ 耳を澄ましてください 風の音が又は波の音が 或るは小鳥のさえずりが聞こえたなら あなたの想いを伝えて下さい」

 その電話は、地上のどこにも繋がっていませんが、天国に繋がっていて、亡くなった大切な人と話ができると言われています。


 映画は、2011年東日本大震災で家族を失った少女が故郷を離れて暮らし、様々な人に助けられながら、故郷をめざす物語です。短い時間の中にとても重いテーマが幾つも込められています。

・親切にしてくれた広島豪雨の被災地で出会った男性
・ヒッチハイクに応じてくれた高齢出産に臨む女性
・不良から助けてくれた車で生活している福島原発で働いていた男性
・父親が逮捕されているクルドの家族とその友人たち
・原発事故の避難指示が解除された故郷に戻って来た高齢の男性
・被災地で暮らし続ける津波で亡くなった友人の母親
・事故で父親を亡くし「風の電話」に向かう少年

 この映画は、「辛い過去があっても、生きてさえいれば、人生悪いことばかりじゃない。」
そんな明日への強さを感じられる..

第14回受験生の皆さま

HamaCAREER-V 西村知子です。
まもなく1月も終わろうとしていますが、学科や実技対策にもいよいよ本腰が入ってきた頃でしょうか?私もちょうど2年前の3月に受験しましたので、お正月気分もそこそこに図書館に通って勉強したことを思い出します。
先日、HamaCAREER-Vでは1回目の面接演習を行いました。
総勢30名を超える参加者でこれまでにない熱気?に包まれ、皆さんの熱心な様子に私たちホルダーもとても刺激を受けた時間となりました。
ところで今回の面接演習のテーマは「傾聴」でした。傾聴と共感、CLへの好意的関心は養成講座でも最初に学びますが、これらについて今もよく覚えている出来事があります。私は受験前のロープレ練習でCLに「何を聴けばいいだろう」「どんな風に質問したらいいんだろう」ということに集中していて、なかなか上手くいかずに苦労していました。そのうちロープレが苦痛にもなってきた頃、同じクラスのメンバーが「ロープレが楽しくてしかたない!」というのです。どうしてか聞いてみると「CLの話しは唯一無二。どんな話が聴けるんだろうと思うとワクワクする」とのこと。それを聞いて自分がいかにCL中心ではなく自分中心だったか、CLへの好意的関心が足りなかったかに気づかされました。それからはCLに対して「この人はどんな人なんだろう?どんな経験をしてきたんだろう..