サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

北海道エリアの団体が書いた2020年10月のブログ一覧

「虔十(けんじゅう)公園林」を知っていますか?

2020年10月31日
「虔十(けんじゅう)公園林」を知っていますか?
HP管理人 宮 川  徹

 「虔十公園林」という宮沢賢治の短編をご存じでしょうか。
 虔十という名前の、軽い知的障害のある少年が、農家である父親から杉苗700本を買って貰い、家の裏手にある痩せた広場に植林しますが、粘土質の痩せた土地であるため、杉の木は高さが2~3m程度までしか育つことができませんでした。
 それでも杉苗を植えた土地は、近所にあった小学校の校庭に隣接していたため、子供たちが通ることが多くなり、背丈の低い杉林は子供たちの格好の遊び場になっていきました。
その後、虔十少年はチフスに罹患して亡くなってしまいます。時代が移り変わって村の開発が進み、杉林売却の話もありましたが、父親は杉林を「虔十の唯一の想い出だから」という理由でそのまま残します。
 十数年後、その小学校を卒業した若い博士が、小学校に講演にやってきます。講演後に校長から学校を案内された博士は、校庭に隣接する杉林を認め、自分の子供時代と同様に現在の子供たちもその杉林で遊んでいる光景に胸を打たれます。そして博士の発案により、杉林を「虔十公園林」と名付けて石碑を設置し、いつまでも保存したというものです。

 「虔十公園林」は、私が小学生の時代に、国語教科の題材として、教科書に載っていました。短..