サークル、部活、NPOなど、コミュニティ探しのウェブマガジン~みんなのコミュニティ~

滋賀県の団体が書いた2020年2月のブログ一覧

大聖寺教区農家同朋の会真宗本廟奉仕団の主催する研修会の参加報告 文責:富永豊
開催日:2020年2月5日(水)午前9時から
場 所:東本願寺内 同朋会館3階
講 師:京都大学人文科学研究所准教授 藤原 辰史 氏
テーマ:「食料自給率と日本農業」-売り渡される食の安全―
研修概要:
 講師の藤原先生から、ご専門の歴史学(農業史)から見た日本農業のあり方について、大変示唆に富むお話を聞いてきました。
 まず、第一次世界大戦時のお話では、世界に植民地を各国に持っていたイギリスやフランスを除いて、そうではない世界の国々では食料不足の状況にあり、日本ではロシア革命後のシベリア出兵を機に米騒動が全国規模で起こり、またドイツではフランスに攻め入ったものの前線への食料補給が追い付かず76万人もの国民の餓死者を出して敗戦した。その後、両国はこの経験から、誤った民族主義のもと「自給自足に偏った農本主義」によって、第二次世界大戦におけるいわゆる「侵略戦争」の道に進んでいった。こうした農業を戦争につなげないためには、理想の日本社会に即した自給率を考えて「農の思想」というものをしっかり考えて持つことが必要とのことでした。
 次にお聞きしたのは、第一次大戦後の昭和大恐慌と重なった東北・北海道の冷害を受けて、日本では「陸羽132号」や「銀坊主」といった冷害や多肥に強い..

今年も出演させていただきました。
クレアブラスフェスティバル♪

おとのわは、年度始めに1年分のプログラムを決めて、全ての曲を一年かけて練習、準備をしています。みんなそれぞれに都合や事情があるので、最初に「これだけを1年間やる!」事が分かれば安心して練習に参加してもらえるかな?という希望もあってのことですが、そうは言っても、メンバーが揃う事はなかなか難しく...

とうとう今年は、
「全員が揃って合奏するのは今日この本番ステージ上が初!!」になりました^^;。
いやぁビックリしました。
私は出演するメンバー全員とそれぞれに練習を一緒にしてたのですが、会場で「初めまして」の挨拶をするメンバー同士がいて、ちょっと面白かったです( ̄∀ ̄)
今年度もたくさんおとのわの仲間が増えましたが、みんなが顔を会わせるのは本当に難しく、だからこそクレアでの演奏は、そんななかなか会えないメンバー同士を会わせ繋げてくれる貴重な場所であり、今年もそんな風景が見られて嬉しかったです。

肝心の演奏の方ですが、良かったのではないでしょうか??
何よりも楽しく出来たと個人的に思っています。
直前に吹き方や、リズム感やら色々紆余曲折、悩みに悩んでご迷惑をかけてしまいましたが、腹をくくって元に近い感じに戻したらとってもいい演奏になったと自負しております。
メンバーの皆さんは、い..