主な活動場所
■千葉市中央区
※利用グラウンド
・新宿小学校
・新宿中学校
・登戸小学校
・フクダ電子グラウンド
 原点
2020-08-31
オッス熱血監督です

久々の投稿になりました
皆さん未だコロナ過の状況ですが元気にしていますか?
新宿マリナーズも感染対策をしながら元気に活動しています

今週は中央区の会長杯がありましてAチーム・Cチームが決勝戦に向けて頑張っていました
Aチームは強豪相手に序盤まで五分の戦い
最終的には負けてしまいましたが大きな成長も感じさせる試合でした

Cチームは人数は少ないですが個々の頑張りで見事決勝戦進出
来週優勝をかけて頑張ります

さて今回のタイトルにもありますが『原点』

昨日今年高校三年生のマリナーズの卒業生が練習に顔を出してくれました
毎年私は最後の試合を見に行くのですが今年はこのような状況で見に行くことができませんでした
本当に申し訳ないという気持ちもあったのですが
卒業生も一応一区切りついたということで保護者と一緒に来てくれたんです

少年野球をやっていて一番嬉しいことは卒業生が顔を出してくれるということ
それは何でかというと少年野球チームって野球をやり始めた原点ですよね
中学校から始める子もいるかも知れませんが大半が少年野球出身

初めて本格的な野球をやった場所なんですよ
しかも大人と一緒に
そして野球以外のことも沢山教わります
挨拶や仲間との絆、規律など

みんな戻れる場所があるって良いことですよね
そしてその戻った場所には昔なじみの監督やコーチがいたり
当時自分が着ていたユニフォームを着た後輩たちが自分と同じように一生懸命にやっている姿
練習見に来たときにはきっとそんな思いにもなると思います
「俺もこんなだったな~」
「監督まだおんなじこと言っているんだな」
「あ~よく言われた~」などなど

そんな卒業生たちが戻ってこられる場所
私はこれからも残していきたいです
もう一度見つめ直せる環境

そして在部生も知らないお兄ちゃんたちかも知れないけど
しっかりと挨拶ができるチーム
私たち大人も卒業生が来たときに知らない子たちでも楽しく話せる場所
そんなチーム作りをしていきたいです
だって新宿マリナーズは地域のチームだから

昨日来た卒業生は大学でも野球を続けると言っていました
嬉しいです
彼の最後のプレーを見そびれてしまったから
そして彼が大学まで続けてくれる野球という物を最初に教えた場所でもあるので

『原点』
人には必ず何をやるにもこれがあるはずです
少年野球は最大6年間だけど
その後の人生の付き合いの方がずーっと長いので
私もそして新宿マリナーズも頑張っていこうと思います

昨日来てくれた選手の懐かしい始動ムービーです