主な活動場所
■千葉市中央区
※利用グラウンド
・新宿小学校
・新宿中学校
・登戸小学校
・フクダ電子グラウンド
 道具の手入れ
2020-09-02
オッス熱血監督です

今日は道具の手入れの話です
私は子供たちに感謝の気持ちを忘れないでといいます
これはどういうことなのか

野球をやらせてもらえる感謝
道具を買ってもらった事への感謝
親への感謝
仲間への感謝
指導者たちへの感謝

色々な感謝があると思います

でも多分子供たちってこの感謝なかなかわからないと思います
だから私は道具の手入れだけはしっかりとやってほしい
特にグローブは

誰しも初めて自分のグローブを買ってもらった時は嬉しものです
グローブはひとつ3万ぐらいします
硬式になると倍の値段はします
保護者の皆さんは自分の買いたい物を我慢して
そして節約して買ってくれます
とっても高価な物ですが
しっかりと手入れをすれば一生の宝物になります

私も今までの野球人生で買ってもらったグローブは軟式4個(キャッチャーミット含む)
硬式(2個)
自分で勝ったグローブ(硬式3個)
初めてオーダーしてネーム入りを勝ったときはマジ嬉しかったです
さすがに高校までのグローブはもうありませんが大学から買ったグローブは
20年近く経ちますがまだ現役です

書きましたように誰しもグローブを買ったときは嬉しいです
その時の気持ちを忘れないでほしい
そしてこのときからグローブは自分の相棒になります

手入れをしながら初めて買ったときの気持ちを思いだしてください
そして良いプレーしたときのことも
使った後に相棒へのねぎらいの言葉をかけてあげてください

グローブは同じ物が絶対にありません
自分の使用状況、手入れの状態で全くのオリジナルになるんです
まさにグローブは自分が野球に対する取り組みへの鏡です

道具の手入れ・・・
できない人は間違いなく感謝の気持ちは持っていません
最低限の誠意
みんな道具の手入れはしっかりと
手入れをすると言うことは感謝の気持ちの表れです

写真は今まで10年近く使用していたキャッチャーミットと硬式に向けて初オーダーしたグローブ
硬式のキャッチャーミットは高くてまだ買えません><