主な活動場所
年中 毎週水曜日19時~21時 鳥取ドーム(屋内オムニコート3面)で活動しております。

夏期 毎週土曜日13時~体力の続く限り 市民コート(屋外オムにコート)で活動しております。 
 ストリング、大事よ! (ラケット改造編)
2018-06-30
体重90kg近い50歳のおっさんの私が、340gもあるラケットを1日に4、5セット振り続ける体力はない。 と、なればどこかで何かを補わなければならない。 一番はダイエットと筋トレでしょうが、最近では目の衰えが著しく趣味の範囲を超えないテニスにそこまでストイックになる情熱はない。 手っ取り早くラケットの軽量化とフェイスの巨大化を試みた。 重さは280G、フェイスは110あたりまできてます。(笑) 
重さに関しては少々事情があります。 まず、トップヘビーのラケットが苦手。 あと、グリップサイズ4か5なのです。 したがって大抵グリップのサイズアップが必要になります。 サイズアップはグリップチューブ(実は安いので電気配線用の熱収縮チューブを使ってます。)とスペーサー、鉛テープ(私は厚み、素材の柔らかさからビデオテープのケースを使ってます。(笑))の併用で形状(ヘッドは扁平型なので厚み増しにしてます。)も合わせて修正していきます。 なので300Gのラケットでこれをやると結果か的には320gぐらいまでになり軽量化にならない訳です。
フェイスが大きいラケットは大抵軽くてトップヘビー。 なのでこの改造が私にとってはちょうどい~ 訳です。 
とは言ってもいじらないのが理想なわけで、現在使用しているラケットはプリンスのハリアー107XR フェイス107、重さ300g、バランス310g スペック的にはベストなのでこれはいじれない。 なので、海外からグリップ4(ウォーリアーって名前になっちゃいますが)、輸入しちゃいました。(笑)
しかし、このラケットも廃番で海外から輸入するのも大変。 でもそろそろラケットチェンジしたいし、何か良いのはないかと探していた中で見つけたのが
ブリジストン カルネオ280 
まあ、これを使った結果、ストリングの大切さを痛感したエピソードを書こうと思ったのですが、こんな時間に。 13時の練習に間に合わなくなるので続きは本編で。(笑)