天高し 雲まで届け わらべ歌
2015-09-14
9月13日の熊本日日新聞朝刊で、「県きき酒大会」の記事を見て
すぐに岩田屋伊勢丹時代〜県民百貨店の和洋酒売場で活躍していた歴代の「利酒師」「ワインアドバイザー」4人の女性の顔が浮かびました。

中でもM田さんとは「一生青春」シリーズの他にもチラシやDMでたくさんのおすすめ品を紹介していただき、贈答のお品を選ぶ際も的確なアドバイスをいただきました。


2014年3月17日 熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ130

この「雲雀(ひばり)」の時も、もの静かな語り口で淡々と、しかも情熱的に、誕生秘話を聞かせてくださいました。

その想いに応えようと挑んだコピー。
まるでお酒が好きな男性が書いているようなイメージかもしれませんが
実は 田舎の山郷で田植えや稲刈りをして過ごしたおかっぱ少女(私ですね)の幼少期の原風景です。
五感で捉えた「生きる喜び」というと大げさですが
今振り返ると「心地よさ」の肌感覚をおぼえた、貴重な成長期でした。



通潤酒造様では毎年「純米酒『雲雀』レイホウ稲刈り会」を開催されていて
育ち盛りの子供たちも自然の中で収穫の喜びを体験しているようです。
今頃は稲もすくすく育っていることでしょう。
来春には、きっとまたおいしいお酒になります。



ーー
パネル展の準備もOBの皆さんのおかげで着々と進んでいます。
あと3日で初日!
皆様お誘い合せの上、どうぞお出かけください。