お似合いですね。
2015-10-15
​夜風はひんやり、
そろそろ防寒着が必要です。
"寒くなると外で遊ぶ派"の大人には
これからお洒落が楽しい季節ですね。


2013年11月18日熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」シリーズ116

城下町を優しいろうそくの灯りが照らす「みずあかり」
今年も見事な情景が広がっていました。
竹灯籠に灯ったろうそくが紅や蒼の色味を帯びて、その美しさは時間を忘れるほど。
一つひとつが、誰かの手によって作られ、灯された手作りのあかりだからこそ
見ているだけで温かくなるのかもしれません。

長塀通りで見かけた、ペアのトレーナー姿のカップル。
異国からの新婚旅行なのか、坪井川の浮き灯籠にとても感動されていたようです。

私(結婚15周年)の場合、”ペアルック”といえば
「おっと、今日は色がカブッたな」という程度ですが。

それぞれが似合う服を着て、並んだ二人もお似合いで。
そこまでいくには
ケンカし合って、フォローし合って、、、
たくさんの「~し合わせ」があるんだろうな。


こちらは、現在の上通・マックレガーショップ。
(熊本市中央区上通町6-23 長崎書店ビル1F)
九州初のフラッグショップとして3月にオープンしました。
メンズ&レディスとも充実の品揃えです。
この機会に、お互いを「褒め合って」今冬の一枚をセレクトしてはいかが?

ブランドの日本デビュー50周年を記念した
「50周年記念キャンペーン・ハウスチェックコンテスト」も開催中。


--今日のおまけ--
パルコ前を歩いていたら、くまモンのイラストを配したかわいい車を発見!
この「玄氣家」のロゴ、
どこかで見かけたなーどこだったっけ?と思っていたら
車の陰から「いらっしゃいませ!!」と弾んだ声が!
声の主は、底抜けに明るい笑顔のH田浩樹さん!



私が初めてお会いした頃は、岩田屋伊勢丹の2階婦人服「大きいサイズのクローバーショップ/小さいサイズのストロベリーショップ」の係長さん。
たしか、新婚さんでした。
熊本岩田屋時代に食品を担当され、その後リビングフロアを経て
くまもと阪神2年目に「デパイチ」の顔、スウィーツ担当へ。
スーツのイメージが強かったので、当時は白いコックコート姿のH田先輩が妙に初々しく感じたのですがー
どうです、この板についた感!

現在は大津町引水のミルクロード入口付近のパン屋さん「コメノパンヤ 玄氣家」の店長さんだそうです(^^)
その日は、お店のPRのため、車いっぱいに自慢の玄米パンを載せて
試食販売をしておられました。

「この、いきなり玄米パンは早い者勝ち!なんたって旬の大津産唐芋が甘くて美味しい!」
「この玄米贅沢ベーグル、しっかりした生地にクリームチーズとクルミの食感が相まって、お腹いっぱい、大満足よ!」
さすが〜〜H田店長!
オススメ通り、とっても美味しかったです!

イベント最終日、あの味が忘れられずパルコ前まで自転車で急行。
6日間のイベントでは、終了予定の3時を待たずに連日売切れだったそうです。
朝から行ってよかった♪

玄氣家さんは、もともと農機具メーカーのクボタさんが「コメの消費拡大のため」始めた事業だそうです。
素晴らしい「開拓魂」!
玄米パンといえば香ばしいけどちょっとカタイ、という方もいらっしゃると思いますが
(声を大にして)そのイメージは覆ります!!

何といっても生地が柔らかく「もちふわ」!

水分を含ませた生の玄米を、栄養成分も高いまま「玄米ペースト」にしているからなんだそうです。

ああ、書いててまた食べたくなりました。
今度は車で、ミルクロード行き決定ですね!

コメノパンヤ 玄氣家
菊池郡大津町引水789-1