トリビュート。
2015-11-04
11月3日、文化の日。
朝から自由の身になれたので熊本市西区・島田美術館へ。



ここは、小高い丘にある私設美術館で
林に続く閑かな中庭と 併設のカフェから漂う香りが
いつも優しく迎えてくれます。

今回のギャラリーには
シンプルな造形に宿った、深く強い物語がありました。

着古したシャツを細断し、「溜め漉き」という技法を経て生地が繊維に還ったところへ
襟と前立てを配し主人の「人となり」まで映した作品へー。
そんな、未体験の作品展【解脱したシャツ】です。

シャツ、というのがいいです。
時に真面目に、時にラフに、自分を仕立ててくれる「シャツ」。

会場に飾られていたのは
 ある人の、着倒したお気に入り。
 ある人の、情熱を注いだ戦闘服。
 ある人の、「ここ一番」を支えた相棒、、、などなど。


こちらは、当時熊本日日新聞社の中堅記者だったというN床氏が愛用していらっしゃった「Harriss(ハリス)」のシャツ。

熊本岩田屋時代、婦人服フロアは1階の辛島公園側(シンボルロード側)まで拡充していて
毎日を頑張る女性たちをファッション面で応援していました。
各ショップの店長たちも、個性的で元気いっぱいでしたね(^^)

京都造形芸術大学名誉教授、美術家・鈴鹿芳康氏の「沸点」=手漉きの作品と、
教え子で本展の企画と「シャツを集める係」を務めた大畑広告準備室 代表・大畑晶子氏の「視点」が織りなす22点の作品群。

11月8日(日)まで開催中です。
詳しくはこちら→http://www.nirvanashirt.net/index.html

さてO畑さん(もう大畑さんって書いてますけどね)とは
2012年の個展「B2_LIMIT・大畑晶子展」(島田美術館)以来、3年ぶりにお会いしました。
O畑さんは「一生青春」新聞広告のスタートでコピーを書いてくださった方です。

・コピーライターになる前は、「郷土のデパート」の販売員だった。
・LOVE:猫。音楽。京都・イノダコーヒのラムロック。
・広告制作会社~広告代理店勤務を経て、コピーライター&デザイナーとなる。
というプロフィールから、すっかり一方的に親近感を抱いているわけでございます。

上段:2010年4月26日 熊日夕刊掲載 くまもと阪神「一生青春」シリーズ1

下段:2010年9月27日 熊日夕刊掲載 くまもと阪神「一生青春」シリーズ20

このシリーズ広告の2回目から
理由あって、というか縁あって、というか…
自社販売促進内で制作することになり、
無我夢中で作り始めて4ヶ月が過ぎた頃、
一連の「一生青春」シリーズ広告が「熊日広告賞」グランプリ決定という知らせが届きました。
岩田屋伊勢丹から振り返っても初めての受賞に、MJ社長以下大感激。

この一報を受けて
O畑さんと同じ広告制作会社に勤務していた、写真・デザイン担当のH川さんの発案で
第1回の広告のトリビュートとして
赤ちゃんが初めて履く靴を「同じ角度で」掲載することになったのでした。

こんなこと、ここでなければ言えませんね(笑)

あれからもう5年。
時代のタグを引っ張って魅せてくれるプロのお仕事に、刺激された文化の日でした。