つながり、つながる
2016-04-29
時折「ミシッ」と音を立てて震える部屋の中で
悠然と夕食を作る私がいます。

「前震」から2週間。
車で逃げて、恐る恐る戻った自宅で未明の「本震」。
そのまま車中泊、避難所生活を経て
4歳の娘とともに60キロ離れた実家で1週間過ごしました。

今週、水道復旧のめどが立って
5匹の猫と3匹のメダカ、
そして旦那様ひとりを残していた自宅に戻りました。

何から手をつけていいか迷っていると
割れた食器の山を発見。


熊本岩田屋時代、2階レディスフロア思い出の
「powder」ノベルティコレクションも粉々に…

娘の小さなハートにも
大きく傷痕を残したであろうこの地震。
努めて一日一日に楽しみを見出そうと
支援物資も大いに活用させていただきました。


避難先でいただいた食パンに
チョコクリームとジャムを買ってきて
ホラ!しょくぱんまん‼︎
もちろん、娘からは拍手喝采を頂戴しました!

避難生活でなくしちゃいけないもの、
それは「喜怒哀楽」なのかなと思っています。

笑う、というごく自然な現象は
体の芯からパワーを生み出し
感情を溜め込まず外へ出す、という努力は
心の空きスペースをつくり
次の行動に移る原動力になる、、、と。

避難中、この町に残って地域を守ってくれたのは人生の先輩たち。
地震後ライフラインが止まってすぐに
その大先輩から地域住民へ“完全栄養食”生卵の配給があったそうです。

餌にこだわっているとあって、
その白身はブリン!と箸をはじき返すほどの弾力で
黄身は小さめながら濃厚な味わい。
どこで手に入るのだろう。
普段は会釈程度であまりお話しする機会もなかったのですが
これをきっかけに、
私たちも地域住民としてもう少し深く入り込んで行きたいと思いました。

そしてついに、水道復旧!
水が一滴も出なかった蛇口から
夢のように鍋いっぱいの水を入れ
ガスをひねり塩を入れ
茹であがったトウモロコシのなんと美味しいことか。

そう、この地震がなかったら
今日あたりは「蔦屋書店 熊本三年坂」のグランドオープンで
地階には「ヒノマルマルシェ」がー
阿蘇をはじめ、熊本の美味しい産直野菜が並ぶはずでした。

まだオープンが定まらない「延期」の文字。
S村さん、そして阿蘇・高森のY片さん、
心の底から待ってます。
あの、瑞々しく元気いっぱいの星型キュウリを
ポリッ!ポリッ!と鳴らす日を。

そして、このブログでも大プッシュしていたこちら。
4月29日、初日を迎えるはずだったclue.上村久美さんの個展
「森のアパートメント~gazetが暮らす森~」は、延期ではなく「中止」です。
開催目前だったのに、とても残念でなりませんが
きっと、またあのキラキラした作品たちに会える日が必ず来ます!

※訂正:嬉しいことに5月3日現在、U村さんは「中止」ではなく「延期」で動いていらっしゃいます!
時期はまだ少し先になりそうですが、ご自身も大変な状況の中、前を向いて踏み出したその一歩に、私も元気をもらいました!



制作中もずっとワクワクさせてくれたU村さんのブログ、Facebook。
・ブログ「clue.の 今日のこころの糸口」
http://itoguchi.clueroom.com/
・フェイスブック
https://www.facebook.com/clueroom

そして、U村さんいわく「落ち着いたらネット販売しようかな」と
コメントしているネットショップ。
(現在は個展前の状態のため、ほとんどSOLD OUTです)
・clue. gazet collection(ハンドメイドマーケット)
https://minne.com/clue

※追記:その後、ネットショップは5月1日(日)20時に販売開始されたのですが
「あっ」という間にほどんどが「SOLD OUT」となっております。
それにしても、これが個展用に用意していた作品の「一部」なのですから何という頑張り屋さん。
ショップページ、見るだけでも楽しいですよ。


よかったらのぞいてみてください。



このまま余震が来なくなり
平穏な毎日がおとずれるよう願います。

私たちには
つながることで生まれる力があることを
この動画でいま一度。

「祝!九州新幹線全線開通CM」(2011年3月)
http://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU&sns=em