主な活動場所
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、その他全国。
 NEWSポストセブン記事への反論投稿
2021-11-19
NEWSポストセブン記事への反論投稿
「医学界にこりという症状はない、MRIでも変化なし」について
令和3年10月30日 
あん摩マッサージ指圧師 清水一雄
肩こりの真実 医学界に「こり」という症状はない、MRIでも変化なしについての感想です。
記事を拝見させていただき何もわかっていない方が書かれた記事だと思います。


1 医学界に「こり」という症状はない、MRでも変化なしとの点について
MRIでは発見できないけれど触診でしか発見できないものがあります。
肩こりは凝りに付随する関節拘縮がポイントであり、それをつかまない限りはむつかしい疾患です。
肩こりは心疾患、脳血管障害のサインです。とても恐ろしいのに単なる肩こりとかで処理されがち
で不幸な方々が後を絶ちません。肩こりを改善出来たら心疾患、脳血管障害等はかなり減らせられると思います。
 大切なことはMRIも触診も適材適所で用いてこそ光り輝きます。絶対的視点は人を不幸にします。
2.マッサージには恐ろしい“副作用”もあるとか気休めの“健康法”です。に対して
酷い表現ですね。見解を述べておられる人はどのような根拠で示されているのでしょうか。
どのような施術内容でそのような見解が出てくるのかを明らかにしていただきたいです。
マッサージは奥の深い手技で専門家でも相当に臨床を積まなければものに出来ません。
3.マッサージの偏見について
マッサージは国家資格であるあん摩マッサージ指圧師が行うもので、明治以前から存在する日本
の伝統医療です。
にもかかわらずマッサージまがいのことをしてマッサージという名前を看板に出さなければ、
誰でもやっていいように国は規制していません。故に問題が多発しているようです。
はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の資格を得るためには高卒後3年以上の専門学校及
び大学を卒業して国家試験受験資格が得られ、国家試験に合格して資格が得られます。
かたや誰でもマッサージまがいのことをしても一般の人は資格を持っていると思っています。
最後になりますが、擦ったり揉んだりするのだけがマッサージではありません。
体の状態を診て状態に応じて施術しなければなりません。岡田正彦医師との対談を要望します。

一般社団法人鍼灸マッサージ師会
https://hoshinren.jp/