主な活動場所
福岡大学6号館3階 中央階段付近
 文系と理系
2019-09-20
高校2年生ぐらいになると受験科目のために文系か理系か選びますよね。国語と社会、数学と理科に分かれてるみたいに感じますが、決定的に何が違うのでしょうか。

大きな違いは、文系は「人類が作り上げてきたもの」、理系は「自然(神様)が作り上げたもの」を対象にしていることです。文学や歴史、政治や経済は人間が育ててきたもので、人が関与しないと誕生もしていません。一方、数学や物理の法則、化学反応や生物の誕生などは人間がいなくても成り立ちます。ここが大きな違いです。

とは言っても、例えば工学部なら「人の生活に役立つこと」を目指していますので、人間のこともちゃんと考えてなくてはいけません。大学に入ると教養科目というものがあって、理系でも文系科目を勉強します。初めは「理系学部に入学したのに何でこんな勉強しなきゃいけないの?」と疑問に思うかもしれません。だけど、ずっとあとで大事なことがわかってきます。私も今さらながら、ひしひしとそのことを感じています。