主な活動場所
葛飾区総合スポーツセンターテニスコート
 暑いなぁ
2020-08-09
C-Friends練習日記〔8/9〕

すいません、今日の日記、長いので、参加メンバーは、早い段階で書いてありますので。

外での運動は、危険ですと、テレビから、ネットからでも、教えてくれる今日。

梅雨明けした本気の夏は、まだ体が夏に慣れてない大人のサークルには、なかなかの手強い。

それでも、集まってくれたメンバーは↓

青木班 青木 中谷 高辻 高野 幸太 横山 染谷 太田

遠藤班 野澤 横川 戸室 まい 遠藤。

今日は、遠藤班から

気温が上がってきて、練習で動くのが、キツい感じになるのは、ある程度、想定内だったので、冬場には、なかなか出来ないボレーの練習を、積極的に混ぜる事を、どうしたらいいのか?と思っていたら、チャンスが。

今日の前半部分のこの班は、こんな感じの練習にしたと思っていた。

ミニラリーの中で、ボレーと、打点だしと、球出しを、どんな感じで、練習中にやって行こうか?と。

こんな時に、ほんとに悪いと思うけど、プラス1が、居てくれたおかげと、ミニラリーからやりましょうの展開で、ちょっと強引に、予定をはめ込んで、進めてみた。

ボレーをどうにか?したいのと、運動量を減らしながら、ラケットワークと、対応の準備を覚えて貰う為にね。

球出しは、苦手な部分の強化と、確認ね。

何回かやっているうちに、練習のやり方と流れには、徐々に慣れる事を、想定してね。ボレーに慣れる。

ミニラリーのコートサイズだから、余裕持って出来るし、出来なくて別に構わない。失敗しても、構わない。

水休憩も、こまめに入れて、無理しないで、またやればいい。

ボール打った返ってくる時間が、早くなる事と、球に触る時間も増えるので、チャレンジする機会が増える。

ボールタッチは、球数を打つしかない。フォームを作るのも、球数を打つしかない。感覚は、自分で感じるしかないので。

後半は、久しぶりのメンバーが、ブランクたっぷりで、リハビリ的な感じで、遊んでくれた。

いつもと違う流れが入ると、凄く刺激をくれるので、素直に感謝感謝。みんな、頑張ってた。

青木班

汗びっしょりのシャツが、何枚持って帰る事になるかと、考えてしまうくらいw

前半部分は、エンジンが二人居る中での、2面練習。かなり大変だと思う。

後半は、人数が、結構増えたので、楽かな?なんて事は、無いなぁ。

今日の青木班、2面なので。

今日も、通常通りのしっかりテニス。

まとめ

青木班の、今日のエンジンの片方は、まぁ、打った打った打った、違った、ガンガン、ガンガン打ったね。

でも、周りに与える刺激も、かなりの物だね。

次の日曜日も、練習あります。16時から2時間ですので、皆さんのご参加をお待ちしてます。