主な活動場所
東京班(立会川・南大井文化センター)
藤沢班(辻堂・明治市民センター)
  https://www.c-sqr.net/c/cs117175/
南大沢班(南大沢市民センター)
 活動報告
2021-06-10
みなさま

本来は養芯会の代表者若しくは副代表が報告するべき内容ですが、各位になり替わり、総師範・塚本よりご報告申し上げます。


当会は今後の活動を円滑に行うにあたって、顧問の先生をお迎えする事になりました。



藤沢白旗神社宮司 鈴木大次さま
神奈川県議会議員 市川和弘先生

養芯会は中国上海の駐在員を中心に、陳氏太極拳を学び練習する
事を目的に発足しました。その後文化団体として上海の各団体や地域と連携した活動を行ってきました。駐在員が中心と言う特性上、会員が逐次日本に帰国した為、本部を上海としつつも日本各地での活動が中心になってまいりました。

総師範の私がいる藤沢班と上部組織の東京支部での活動が各支部の活動を一時的にですが牽引しております。

前述の通り、養芯会は単に武術を学び鍛えるだけの団体ではなく、伝統文化の振興とそれによる地域の振興に寄与する事を理念としております。

当会の各支部において、徐々にではありますが単独での指導が可能な技術者も育ち、理念の具体化に向けて活動を始める段階にはいったと実感しております。

ですが、技術面での充実や先代達の後見があり、上海での活動はあったとしても、未だ日本では実績や経験がございません。




暗中模索ではなく、地域社会に根付いて活動されている名士の皆様のご意見ご鞭撻、またお力添えを頂きながら、当会は更に成長していく所存です。
もちろん、会員各位とも各自出来得る範囲ではありますが、地域の活動のお手伝いもさせて頂きたく、御挨拶の次第です。


・・・・・・

簡単にまとめますと、

「地元のスゴイ人達が顧問になって伝統文化の応援をしてくれます。
養芯会はほどよくガンバリマス。 ありがとうございまーす!」