パネル展を終えて
2015-09-26
「一生青春」〜月曜日の夕刊・パネル展〜 無事に終わりました。
来ていただいた皆様、そして遠くから見守っていただいた皆様、
ありがとうございました!
少しですが、写真を「アルバム」のページにまとめましたのでご覧ください。

サブタイトルにあるように、一生青春シリーズの掲載は「月曜日の夕刊」でしたが
年末最後の土曜日の夕刊に「カーテンコール」のような内容のご挨拶を出していました。


2014年12月27日 熊日夕刊掲載 県民百貨店「一生青春」終了ご挨拶

読めます?


会期中は、約5年間、一生青春シリーズ広告を楽しんでくださったお客様をはじめ、岩田屋伊勢丹時代からの懐かしい先輩後輩方の登場で、
まもなく見られなくなる「白い百貨店」の思い出話に花が咲きました。

北九州からサプライズで駆けつけてくれた、元販促スタッフ I 山さんのメールより。
「ちょうどいい百貨店だけど、心には壮大に残るね。
 本当に行ってよかった。すご~くよかった。
 十分、充分レクイエムになってるよ。
 (パネル展を見た後に)私が見た白い百貨店は、輝いてたよ。
 『愛されてるのよ!私』って言ってた。」

この百貨店の中で過ごした、同じ記憶を共有して、
たくさんの心がしっかりとつながっているのを感じた7日間でした。

ありがとう。
ありがとう。
本当に、ありがとう。


ーー今回のおまけーー
前回、蔦屋書店熊本三年坂2階のレディスファッションフロアに触れましたが
その三年坂側出入り口では”顔の見える生産者”の元気いっぱいのお野菜・食品が並ぶ「ヒノマルマルシェ」が明日9月27日(日)まで開催中!
※朝9時から午後5時まで。
※次回は10月8日(木)〜10日(土)の3日間。

元県民百貨店の食品担当バイヤーで「熱い心と優しい笑顔」が持ち味のS村さんが
足を運んで集めた、阿蘇のキュウリやパプリカが入荷中!



さっそく、ハロウィンサラダに。
4歳の娘が「ママ、このキュウリ、どうしてこんなにおいしいの?」と。
仕込みじゃないですよ!

そしてなんとこの「ハート型キュウリ」を作っているのは
当時職場結婚の中でも異色(失礼!)のカップルで社内で大ニュースとなり
退社後、阿蘇・高森で農業を営むY方さんと奥様Y子さん夫妻だったのです!
岩田屋伊勢丹~熊本岩田屋では、会社や組合のレクレーションで
みんなの笑顔の素を作っていたお二人。
今も変わらず、明るく元気なご様子でした!

県民百貨店が閉店して、寂しいと思っていましたが
またどこかで誰かとハッピーな再会が待っている。

いまはその種まきの時期なんですね。