主な活動場所
川崎市立苅宿小学校図書室
 【3年生企画】「やさしいあくま」
2021-02-04
苅宿小図書ボランティア「ヨムヨム」による朝の読みきかせは、主に低学年(1~3年生)が対象です。高学年(4~6年生)になると、回数がぐんと減ってしまうので、ヨムヨムでは、3年生のしめくくりとして毎年この時期に【3年生企画】を行ってきました。

子ども達の心に残る一冊を紹介できたら…これからも本の世界に親しんでくれたらいいな…という思いをこめて。

そんな思いの中で、歴代のヨムヨムメンバーが【3年生企画】の題材に選んできたのが、
やさしいあくま
読みきかせには30分かかる長い絵本です。ネタばれになるので内容については触れませんが、長さに加え、「読みながら泣いてしまう」という読み手としてやばーい危険(笑)もあるこの絵本。

実は、朝の読みきかせの時間が15分→10分と短くなったことから、「やさしいあくま」を3年生企画で扱うことが難しくなり、ここ数年、他の絵本や紙芝居といった企画をしてきました(もちろん子ども達は楽しんでくれた…と思っていますが!)。

今年度は何の本をどんな風に紹介しようかと悩んでいた時、中学生の娘に「ヨムヨムでどんな本を読んでもらったか覚えてる?」と聞いてみたところ、「うーん、あんまり覚えてないけど・・・あ!あくまの本!」という答えが返ってきたのです。「うちも、やさしいあくまを覚えてるって言ってた!」というメンバーがけっこういて、これこそ3年生企画の目指していたことでは!!!

…ということで、30分かかるお話だけれども、10分×2回読んで、気になる続きは各自でゆっくり読めるように3年生の終わりまで教室に置いておく、というプランで1/21と2/4の二回に渡り実施しました。

コロナ禍での読みきかせは、子ども達は席についたままなので、先生方にも協力いただき、後ろの席でも見やすいよう絵本を大きなテレビ画面に映して行ったのですが、それがイベント感につながったのか、いつにも増して本の世界に入り込んでいる様子の子ども達!

ある3年生の家庭では、「やさしいあくまの取り合い合戦で、クラスのみんな、取り合って読んでたよ!」とお子さんがうれしそうに報告してくれたそうです!(T_T)

------------
そんな、子ども達の喜ぶ顔にホッコリなヨムヨムはいつでもメンバーを募集しています\(^-^)/
興味がわいたらこちらまで、ぜひお問合せください!