主な活動場所
福岡大学6号館3階 中央階段付近
 応用化学と化学工学
2019-06-28
化学は「化(ば)ける」ですが、工学部の化学系学科は「応用化学」と「化学工学」の大きく2つに分類されます。

応用化学は「何を」作るのか、化学工学は「どうやって」作るのか、の違いです。当然両方学ぶのがいいのですが、大学によってどちらを重視するか異なってきます。

福岡大学は「化学システム工学科」で、化学工学に比重を置いている学科です。どうやって作るかを学ぶためには、化学の知識はもちろんのこと、物理(液体の流れ方、気体の広がり方、熱の伝わり方など)の知識も必要となります。これにより、化学プラントの設計や運用ができるようになります。