主な活動場所
株式市場、先物・オプション市場
 まずは28,000円台定着を期待。28,500円が節目となりそうだが・・・
2021-12-03
 おはようございます。
 
 今朝も良い天気となったが、やはり冬の朝という雰囲気だ。株式市場も米国株が大幅高となり、少しは落ち着いてくるのだと思われる。ただ、米国を筆頭に金融緩和の終了が取り沙汰される状況は変わりなく、世界的な金余りからインフレ懸念、スタグフレーション懸念は続くと思う。調整の始まりという認識でいる方が良いと思う。

 日本でも米国でも空売りの積み上がりで相場が大きく買われるというケースも多い。米国ダウ平均も大幅高となったが、相変わらずボラティリティーが高い状況であり、上がるから買う、下がるから売る相場が続いているということだ。上がるにしても下がるにしても大きく動く可能性が高く、そうした動きに連れて右往左往することなく冷静に大きな流れを見て対処する方が良いと思う。基本的は戻り売りのスタンスで臨みたい。
 
引き続き28,000円台回復となるのか、27,500円での底堅さを確認するのかというような状況だ。夜間取引でも27,500円では下げ止まりとなっており、当面は27,500円水準が下値という意識だろう。上値は28,000円を超えれば28,500円程度までの上昇は見込まれ、28,000円~28,500円を中心とした動きになのではないかと思う。
 
米国株が大きく上昇、夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物も高かったことから本日の日本市場は買い先行となりそうだ。寄り付きの買いが一巡となった後もしっかりと買いが入るのかどうかということになるが、空売りが積み上がっている銘柄も多く、買戻しを急ぐ動きも見られるのではないかと思う。週末の手仕舞いの売り買いが中心で売られたものが買われ、買われたものが売られるということもありそうだ。
 
いったんは戻りを試す動きになってきそうだ。28,500円というところが節目として意識されるものと思われるがまずは28,000円を超えるかどうかというこだろう。28,000円を超える、あるいは28,500円近くまで上昇するような場面ではコール売り、プット買いなどを考えてもいいだろう。
 
ボラティリティーが高いので、米国も急転直下ということもあり得る、上がるにしても下がるにしても、上がるから買う、買うから上がる、そして下がるから売る、売るから下がるというように上げ下げの動きが大きくなることも想定しておくと良いと思う。
 
詳しくは無料メルマガをご覧ください。
 →  https://s-pyxis.com