主な活動場所
 神戸市須磨区 花谷小学校(地下鉄名谷駅徒歩15分)
 6・3・3で12年
2019-10-23
コーチSです

10月14日には神戸高校。
20日には友が丘中学。
と、いずれもワイルドキッズとご縁のあるチームということで
女子だけですが、お邪魔して合同練習させていただいた。

練習メンバーもボールサイズもリングの高さも違う。
この「いつもと違う」を「面白い」と思える感性は大切。

でも性格的なものも大いにあるんでしょうけども
変化に臆病になっていくというか、
高学年になるにつれ、そう心が働きにくくなる傾向が見える。
これは大人のほうが顕著かもしれない。

遠慮や照れで消極的になってしまっている姿は
端から見てるともったいないと思うものの
当の本人にとってみれば、いたしかたないのかも。

とはいっても
時間とともにコーチや諸先輩方の丁寧な説明もあって
雰囲気にも慣れて来て、結果的にはいい練習になりました。

高校生、中学生も
下の世代を練習に参加させる側として
いつもにない目線と経験を得たのではなかろうか

練習のさなか、
小、中、高が一緒にコート上にいるのを目にしてふと
「みんなバスケットボールプレイヤーなんだ」と
至極当たり前のことに改めて気付いて
こう、なんというか感動してしまった。

育成年代を預かる全てのコーチの務めは
バスケットボールが好きなまま次のステージに送り出す事。
なので私のようなミニバスのコーチは
中学でもバスケットボールを続けてくれていることが何よりうれしい。
高校でもバスケを続けているとなおさら。
これはもうホントに。

今回の合同練習は女子が対象だったので
誤解を招く告白かもしれませんが

私、バスケもバスケしてる子もみんな大好きです。



余談:妖怪小さいヶ

 今回お邪魔した友丘中学の「が」は妖怪じゃないほうだったので安心。
 でもこれからも油断は禁物。
 大きいになったり、と読むと思いきや、とかと読ませたり、
 まったくなんなんだあのやろう。
 奴のせいでいまだに「いっかげつ」を一ヶ月と書くのか一か月と書くか迷う。
 
余談:6・3・3で12年

 ブログタイトルを見てコイズミ学習机を思い浮かべた人は昭和仲間。