■カテゴリ:アウトドア - 登山

ハイキング、縦走から、ロッククライミング、沢登りまで。
”ふれんず”はオールラウンドな山の会です。
ハイキングでは物足りなくて、山登りをグレードアップしたい方にぴったりです。
大阪府勤労者山岳連盟加盟

比良山 白滝谷沢登り

2020年08月23日
日時:2020年8月23日(日)
メンバー:fujichan(CL)記録、スマイルさん(SL)、チュー吉さん、トリピーさん、
 リエサン、ヨシコさん、一般(サキさん_入会予定)、一般(チュー吉(妻))、合計8人
天気:晴れ後雨
<コースタイム>車2台、堅田駅(7:40)で電車で来た2人を乗せ坊村(9:10着)へ
坊村9:30出発→10:10牛コバ10:30→11:45布ケ滝出合い(休憩)12:05→白滝12:50→
13:40夫婦滝休憩小屋13:50→牛コバ14:50→坊村15:40(車現地解散)
<感想>
 3日前の天気予報では曇り時々雨だったが、23日坊村に着いた時には晴れ。午前中は太陽が照る中での沢登り、しかし台風8号は発生した影響か昼から局所的な通り雨。夫婦滝上の休憩小屋では虫が多く早々に退散し下山。
 今回は参加者8人で女性も大勢だった為、沢登り終了後の下山は一番楽なコースにする。夫婦滝休憩小屋に辿り着いたら、白滝谷杣道の登山道で坊村に下山しました。
 沢登りのスタートは牛コバ10時半から開始した。
 <牛コバで記念写真>

 布ケ滝出合い迄は太陽が照る中、岩間を流れる小さな滝やナメ滝を快適に通過。布ケ滝出合いで昼食休憩の後、二股の右の本流を左の杣道から回り込んで沢登り再開。午前中と違って6m以上の滝を超える。どれも綺麗な岩間から流れる美しい滝だ。
特に白滝は美しい。

 この滝は右手手前ルンゼの明瞭な踏み跡から木の根などを頼りに巻きナメ滝の前に出る。次のナメ3段12mは快適にノーザイルで皆進めた。続く斜滝15mも滝流芯左を慎重にノーザイルで登る。後、夫婦滝まで廊下状となる。この頃から雨が降り出す。廊下奥にある滝は廊下岩上にあるバンドから滝を超えて行く。廊下の終了点で夫婦滝2条25mが見えて来る。夫婦滝下で記念写真を撮影する。

 記念写真撮影終了後、夫婦滝上の休憩小屋に向かう。そこは虫が多く下山準備をしたら早々に坊村に向かって下山を始める。
 下山後、靴やスパッツの間からヒルが出没したり、アブなどに刺された箇所が腫れている人多数。私は、車に乗り運転しようとハンドルを握るとその指にヒルが私の血を吸ってマン丸になっていた。家に帰るとアブに刺された箇所(腕)が腫れあがっていた。
 今回は8人と大勢の参加となり賑やかな沢登りとなり楽しく有意義な山行ができました。
 今回は、残念ながら、スマイルさんが白滝に行く迄に岩の間に足が挟まり、それを外そうとした際、勢いでバランスを失い、胸を強打しました。皆の協力で荷物を分け合い、無事下山することができました(杣道は遥か上にあった為、夫婦滝まで行き下山)。
 通常、帰りに温泉に行き、反省会をするのですが、新型コロナ感染対策が叫ばれる中、坊村に付けば着替えて、即現地解散としました。コロナ収束までは、このような山行が続くと思いますが、今の時期、登山を皆で楽しめることだけでも、幸せだ‼
 スマイルさんは、翌日8/24に病院に行かれレントゲン撮影の結果、骨折は無く「軟骨炎症で2~3週間の安静で済みそう」とのことです。
 うれしい事が一つ‼今回参加されたサキさんが入会される運びとなりました。サキさんはチュー吉さんのアウトドア仲間で岩登りや、沢登りが好きで積極的な人ですので皆さんと直ぐ馴染まれると思います。
 今回は経験豊富な川辺さん参加で積極的にリードして下さったので、防水カメラを持ち歩き頻繁に皆の沢を登っている所を撮影しました。それをまとめて今回もYouTubeに限定公開でアップしました。
タイトル;20200823白滝谷遡行
https://youtu.be/D-nd8bRqQb0

コメント(0)
最終更新日時:2020年08月25日 12時17分
カレンダー
<<9月   10月   11月>>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



  • アルバム
携帯からのアクセスはこちら