北海道山行-羅臼岳2
2021-07-26
12日は3時半に起床して、4時半に登頂を開始しました。コースタイムで登り5時間、下り3.5時間という長丁場ですので、登山口泊、早立ちしました。
普通の登りになる銀冷水までは、コースタイム通りに3時間で到着し、快調でした。ところがここから羅臼平まで、岩だらけの沢筋の急登になると、私が一気にペースダウン。1時間のコースタイムを30分オーバー。さらに、頂上直下の岩場の急登もへとへとで、これも1時間のコースタイムを30分オーバー。

合計1時間オーバーで、10時半にようやく頂上。

30分休憩して、11時に下りを開始。下りになると、久未子さんのペースが上がらず、これもトータル1時間オーバーの4.5時間。3時半にへとへとで木下小屋にたどり着きました。
夫婦お互いの弱点をカバーしあってなどという美しい話とは縁遠く、弱みを増幅しあった山行で、登山口泊、早立ちに助けられた結果でした。
翌13日、あわよくば比較的短時間で登れる雌阿寒岳をめざす下心もありましたが、とてものことで、摩周湖や釧路湿原の観光を楽しませてもらいました。