主な活動場所
武蔵野中央公園(スポーツ広場・A面)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index059.html
 子供の守り方(食事で免疫も!)
2020-02-25
免疫力で勝つ‼️

「子供にはコメ🍙と肉🍖をたくさん食べさせましょう!」

カラダを作るための材料は食事なので、材料が悪ければ、完成品であるカラダも粗悪品になります。

骨密度が低くなるとか、免疫力が低くなるとか、所謂『健康度の高低に影響します』とのことでした。

「風邪」や「インフルエンザ」が流行するこの時期、今年は「新型コロナウイルス感染症」という厄介者まで現れて、私たちを不安にさせています😷

たとえ風邪やインフルエンザなどに罹患することがあっても、食事で免疫力を強化して、自分と家族を仲間を重症化から守りましょう👮‍♀️

先日、栄養士さんの講演を聴講した折、子供へのバランスの良い食事の与え方、バランス良い食事を続けない場合のリスクについてお伺いしました。

【栄養バランス】
「主食」、「主菜」、「副菜」、「乳製品」、「果物」をバランスよく摂取することが大事という話は、大人も子供も同じ。

大人は健康を気遣い食を変えられますが、子供は嫌いなものを食べられません。

それだけではなく、食事を用意する側の負担を考えると、バランスの良い定食風ご飯の用意は、麺類や丼物と比べれば負担が大きいのも確かです。

食事の献立を考える折に、1食毎に、1日毎にバランスを維持することが難しければ、1週間の食事でバランスを維持するように考えます。
作り手の負担も幾分かは軽減できると思います。

工夫の方法を聞いてまいりました。

【主食】【主菜】
取り敢えず、コメと肉をたくさん食べさせましょう!大人も基本は一緒です。

【副菜】
「野菜」は、生野菜でなくても、具沢山の「豚汁」、「けんちん汁」、「味噌汁」で用意することが出来ます。野菜多めの「ポトフ」を用意して、それを応用で「カレー」、「シチュー」に、或いは少し手間をかけて「コロッケ」へと変身させれば、味変どころか別献立で提供できます。

【乳製品】
冷蔵庫に牛乳、ヨーグルト、チーズを欠かさないようにしましょう。
好きな時に間食させて構いません。

【果物】
果実を用意するのが難しければ、果汁100%のオレンジジュース、グレープフルーツジュースなどを用意しておけば良いです。

ジュースもメーカーや製品によって酸味、甘味、渋みが違います。高価なものが美味しいわけでもありません。
色々試すとお子さんのツボに当たるジュースを見つけられると思います。

【間食】
アイスクリームやスナック菓子類の全廃は不可能でしょうから、ナッツ類、ドライフルーツ、おしゃぶり昆布なども選べるようにされては如何でしょうか。

中高生ともなると、3食の他に、昼食前、部活終了後、就寝前にお腹が空きます。
ここでも食べるものには気配りが必要とのこと。

やはり栄養バランスへの配慮は必要です。

カップヌードルを食べるのならば、そこに「冷凍野菜をひとつまみ」とか、「サラダチキンをドボン」とか出来ればお願いしたいとのことでした。

「プロテイン」の利用については、完全否定ではないけれど、子供が口にするものなので、使うべきか、使うとどうなるかは、きちんと大人が確認してよく考えて欲しいとのこと。

出来れば子供のタンパク質は食事から摂るようにすることが望ましいとの事です。

免疫力は、食事、運動、睡眠によって活性化されると言われています。
例え体内にウイルスが攻め込んできても、健全なカラダで反撃しましょう!

-------------------------------
家に着いたら、手洗い、うがい。
自分で自分を大事にしましょう。
-------------------------------