主な活動場所
中部公民館・西部公民館

奈良市学童保育連絡協議会について

奈良市学童保育連絡協議会とは?

正式名称は「奈良市学童保育連絡協議会」といいます。(通称:奈良市連協)
「バンビーホーム保護者会」と、「指導員会」とで構成されており、奈良市の公設団体ではなく任意団体です。
主に現役の保護者が本部役員を務め、加盟バンビーホームの保護者と、指導員会メンバーの支援員で運営しています。
上部団体として奈良県学童保育連絡協議会、全国学童保育連絡協議会(略称:全国連)があります。

バンビーホームで困っていることを取りまとめて奈良市への要望をしたり、全国や奈良県の学童関連の情報をお伝えしたりしています。

主な活動内容

毎年4回、加盟バンビーホーム保護者会の代表者に集まっていただく「代表者会議」を 定期開催しています。

加盟バンビーホームの皆さんから要望をとりまとめて要望書を作り、毎年秋頃に、奈良市の担当課と市⾧にお願いしています。

人数が増えてバンビーホームが狭くなったので建て増ししてほしいとか、保育時間を延ばしてほしい等といった困り事については、運営者である奈良市にお願いすることになります。

奈良市連協にたくさんのバンビーホームが加盟することで、奈良市連協からのお願い=バンビーホーム保護者会の意見、ということに
なり、奈良市が聞き入れてくれやすくなります。

今すぐにとはいかないことでも、団体として何年もお願いし続けることで実現されることも あります。

奈良市連協の活動実績(抜粋版)

1991年
「保育に欠ける」児童の健全育成を求める要望書提出。(→5,6年生も入所可能に)
1995年
冬休みと春休みの8:30開所が一部実現する
2002年
2001年に奈良市より土曜9時開所と閉所日(年6日)、バンビー有料化の提案を受けてアンケート実施、「市長への手紙」街頭署名、メディア利用。2003年4月から5000円/月の保育料の提案が、10月から3000 円/月に変更。
2004年
富雄北小学校事件を受けて保育課との緊急話し合い(11月)
2005年1月~3月まで17時から19時まで一時預かりとして延長開所
2006年
一時預かり利用料が当初提案の4,000円から運動の結果2,000円に決まる。
2008年
バンビーホーム閉所時間が18時までになる。
2010年
4ヶ所のバンビーホームで19時までの延長保育実施
2012年
延長保育バンビーホームが6施設に。
長期休業中の開所時間が8時半から8時になる。
2015年
1月より全バンビーホームにおいて、平日の延長保育が19時まで、土曜日の開所時間が17時までとなる。
4月より全バンビーホームにおいて、土曜を含むすべての開所日の延長保育が19時までとなる
2018年
夏休みより、全バンビーホームにおいて、長期休暇と短縮授業日すべて(お盆3日間を除く)の昼食提供(配達弁当)制度を導入。全長期休暇での昼食提供制度は、公設公営学童初となる。

お問い合わせ
お名前
メールアドレス
お問い合せ内容