主な活動場所
株式市場、先物・オプション市場
 木曜日だから、相場も変わるのか!? 買われたものが売られ、売られたものが買われる動きに注目!?
2021-10-21
 おはようございます。
 
 昨晩は綺麗な満月が出ていたが、久しぶりに見た空もだいぶ冬の空に近づいている感じだった。今朝は風もなくいい天気となっているが、株式市場は青空天井ということもなさそうだ。米国ダウ平均が一時高値を抜けるという場面もあったが、さすがに最後まで買い切れないという感じだ。

 世界的な金余りはまだ続いており、ビットコインも高値更新となっているが、あくまでもマネーゲームであり、投資というにはほど遠いものだと思う。一方で、業績面からみても割安に放置されている銘柄でも「動かないから買わない」とか「買われないから買わない」だけというものも多いと思う。逆に言えばマネーゲーム的な資金が入っていないから安く良いものが買えるということでもあり、投資としてはこうした銘柄を買うというのが正解ではないかと思う。
 
29,500円まで届かずに終わったということで手仕舞い売りを急ぐ動きになりそうだ。特に日経平均の上値が重いということになると今度は29,000円や28,500円までの調整ということもありそうだ。29,500円を意識すると手仕舞い売りに押されるということになるのだろう。
 
米国市場はまちまちとなって、夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物は方向感に乏しく、本日の日本市場は昨日の打ち返しで冴えない展開となりそうだ。日経平均に影響の大きな銘柄だけが高いという状況が続くのかどうかということになるが、木曜日から相場が替わるということが続いており、昨日とは反対に日経平均に影響の大きな銘柄が売られるということになりそうだ。
 
引き続き戦略としては日経平均の上値が重く、好業績銘柄、割安銘柄は底堅いと思う。引き続き高くなるところではコール売り、プット買いを考えるということでいいだろう。日経平均は上値の重い保ち合い相場ということで日経平均に影響の大きな銘柄だけで右往左往することになりそうだ。
 
木曜日から相場が替わるということが繰り返されているような感じでもあり、また、ここから日経平均に影響の大きな銘柄の買一巡から調整感が出るということもありそうだ。ちょうど29,500円の節目まで届かなかったということでもあり、手仕舞い売りも嵩むと思う。
 
詳しくは無料メルマガをご覧ください。
 → https://s-pyxis.com