主な活動場所
 神戸市須磨区 花谷小学校(地下鉄名谷駅徒歩15分)
 ユニフォームにまつわるエトセトラ
2019-07-23
年を重ねれば当然老いも進むわけですが、
替えのきかない体とは違い
ユニフォームは新しく刷新ができるのだ!ってなもんで
発足から10年を数えたワイルドキッズも
いよいよアップデートのタイミングが到来しました。

どうせならユニフォームに合わせ
チームカラーもチームロゴも変えちゃえってなことで
民主主義に従って、子供たちにアンケートしてみたところ
W勝彦コーチ注1一押しの
セルティックス風のグリーンが採用されましたとさ。
先代小川代表のスピリッツの宿ったブルズレッド注2
この度名門化を目指し、セルティックスグリーン注3に刷新することに。

納品は8月とのことなので。
今から楽しみだわ。

ついでというか
せっかくのユニフォームの話題なので
ユニフォームにまつわる話をば

▼なんでノースリーブなのか

  バスケユニフォームって袖がないのが当たり前だと思ってましたが、
  近年のNBAでは半袖ユニフォームを採用するチームが
  ぽつぽつ現れてきました。
  キャブス注4ウォーリアーズ注5とか。
  「なんで半袖なんだ」というより
  「そもそもなんでノースリーブなんだ?」って改めて思った次第。
  調べてみたら、明確な理由はなくて、
  おそらく長年の過程でそうなったようなのです。
  以下諸説ですが
   ①.屋内競技なので日焼けを考えなくていい。
   ②.屋内競技なので寒さも気にしなくていい。
   ③.腕を振り上げる動作が多いから。
   ④.袖を引っ張られるファール防止のため。
 
  でも半袖は選手には評判良くないみたいです。
  ③とか2015年にレブロンが袖引きちぎった事件もあったぐらいですからね。

  NBAが半袖導入を仕掛けているのは商業目的でしょうが
  スポンサー名が入る面積が増えるだとか、
  レプリカユニフォームが半袖だと
  普段着的に身につけれるのでもっと売れるかも、
  とかそんな狙いかな。
  たしかにタンクトップ普段着にしてるのなんて
  加勢大周注6武井壮注7ぐらいだろうし、
  意図はわからなくはない。
 
▼なんで背番号は4番からなのか

  背番号が4番からってのはバスケだけですが
  これも昔の話になってきて
  高校バスケにはまだ名残はありますが、
  小中を除き0番から99番まで自由になりました。

  背番号が4番からになったのは
  宗教上の理由とか、風水の関係とかでなく
  単純に審判の事情。
  「3秒ルール」のゼスチャーが指3本なのと
  得点のゼスチャーが1から3本なので、
  展開の早いバスケの試合で、「コレ紛らわしいよね」ってことで
  FIBAの規則にもなってました。
  
  ちなみにNBAでは56番以降の番号はリーグの許可が必要なんですが
  これも審判が両手で表現できる番号が55までだからって理由。
  許可までもらって56番以上をつける選手には、
  それなりの理由があると思われ。
  
  ジョーダンの23番あたりは有名ですが、
  それ以外にも背番号への思い入れエピソードは色々あって面白い。
  このあたりはまたの別の機会に紹介するだっちゃ注8
  
  あと混乱するかもですが
  バスケットボールには背番号の他に
  ポジション番号というのが存在します。
  1番:ポイントガード
  2番:シューティングガード
  3番:スモールフォワード
  4番:パワーフォワード
  5番:センター
  スラムダンクの山王の河田注9が「3番から5番までをこなす」
  といわれていたアレはこのポジション番号のことを指すのね。
  同じ河田でも「河田弟」とゲーム中に呼ばれたらアナタ、
  それディスられてますから。
  
▼ビブスなのゼッケンなの?
  
  ユニフォームじゃなくて
  チーム分けするときの背番号だけのノースリーブのこと。
  
  いつの頃からかゼッケンとは呼ばずビブスと呼ぶようになってた。
  なんでだ?
  ちなみにビブスって「ビブ」の複数形だけども、
  「ビブ(bib)」ってよだれ掛けって意味。
  そう思って見ると、
  焼肉屋の紙エプロンと同じく
  むさい大人もみんなかわいく見えてくる不思議。


そんなわけで、お披露目できるのは少し先ですが
8月納品の暁にはきっとTコーチがワイルドキッズfacebookで
ユニフォームを絶賛紹介してくれるはずなので乞うご期待!


でわでわ


----------------------------------------------------------------

注1W勝彦コーチ
  コーチ陣4名のうち、二人が同名の「勝彦」。
  自分で言ってしまうが「勝彦」の名を持つ人は総じて良識のある人格者。
  全国の勝彦諸君に幸あれ

注2ブルズレッド
  かのマイケル・ジョーダンを擁してNBA3連覇の偉業を成した
  シカゴ・ブルズのチームカラー。

注3セルティックスグリーン
  ボストンセルティックスのチームカラー。
  NBA全てのチームの中で最も多くチャンピオンシップを手に入れた名門。
  その数なんと17回。

注4キャブス
  NBAチーム。クリーブランド・キャバリアーズの略。
  NBAではこんな感じで略名で呼ばれるチームもある。
  ダラス・マーベリックスをマブスとか。
  
注5ウォーリアーズ
  いまをときめくカリーのチーム。
  NBAのゴールデンステート・ウォリアーズのこと。
  
注6加勢大周
  黒のタンクトップが代名詞という昭和を代表するタレント。
  2代目の坂本一生なんかも懐かしい。

注7武井壮
  紹介不要の有名アスリート系タレント。
  3代目を襲名してないがタンクトップといえば今はこの人。
  
注8だっちゃ。
  うる星やつらのラムちゃんの方言。
  昔の仕事仲間が普段のあいさつで「んちゃ」っ使ってたの思い出したナリ。
  byコロスケ
  
注9スラムダンクの山王の河田
  バスケ漫画スラムダンクに登場の強豪山王工業のセンタープレイヤー。
  誰それ?とかいう子いたら、漫画本読ませてあげて。